新宿区の省エネリフォームその2   

新宿区の省エネリフォームが進んでいます。

一階は冬がとても寒く、三階は夏とても暑いというお悩みがあったK様。

一階床に、三階天井に断熱材が入りました。

先日少しご紹介させていただきました、セルローズファイバーです。

天然素材ですので、体にも安心です。

断熱材で問題になるのが壁と壁の間にある断熱材が、
結露によって水分を含み、よれてしまたり、
垂れてしまったりして
本来の断熱の効果が発揮れないことがあります。

また結露でカビてしまうこともあります。

でもこのセルローズファイバー、呼吸をする断熱材なんです。

お部屋の状況によって、
湿気の多い時には水分を出して、乾燥している時は水分を吸収し、
結露を防ぎます。

防燃処理されているので延焼することもなく、
有毒ガスも発生しません。

床にびっしりとセルローズファイバーの吹き込みが
完了した状態です。

e0131906_20252543.jpg



以前は何も断熱材が入っていない状態でした。
コンクリートの上に床があったにで、寒かったと思います。

e0131906_20302253.jpg


これで冬の寒さは緩和されますね。
暖房の効きも良くなると思います。

三階の天井にも吹き込みました。

e0131906_20263040.jpg



e0131906_20315499.jpg


この上に沢山セルローズファイバーが積もってます。

断熱のリフォームが完了し、次は内装のリフォームです。
またご報告しますね。
[PR]

by reform_house2 | 2012-01-31 20:32

<< 江東区にて戸建てのリフォーム工... 新宿区で省エネリフォーム >>