着工中の木造住宅耐震リフォーム⑥   

こんにちは、コーディネーターの薄井です。

今日は、ゴールデンウィークも最後の日曜日、
いいお天気の休日になりましたね。

文京区で進んでおります、木造住宅の耐震補強工事、
今日は工事がお休みですが、昨日の工事の様子をお伝えします。


倉庫の壁のうち、出入り口がある面には、
大きな出入り口+窓があります。

e0131906_15294168.jpg


壁がほとんど無いため、この面が弱いので、強度を持たせるため、
当初、窓を塞いで、壁にする工事を予定していました。

そのためには、室内側から工事をする必要がありましたが、
窓の前に置いてある機械が、重量があり、動かすことが
出来ないことが分かりました。

e0131906_15323159.jpg


借主さんも、何とか動かそうと、ご協力下さったのですが、
動かすことが出来ませんでした。

壁と機械の間に、人が入れないと、作業は出来ませんので、
計画を変更し、外からの補強をさせて頂くことになりました。

e0131906_15334781.jpg


使用したのは、GDブレースという、外付けタイプの筋交い金物です。

e0131906_15352276.jpg


この金物を取り付けることで、壁強さ倍率2.44kN/mの耐力を
持たせることができます。

これは、7.5mm以上の厚さの構造用合板で耐力壁を作った場合の壁倍率より
少し劣る程度の強さです。

開口があっても、開口を無くした場合に近い数値の耐力壁を作ることが
出来るんだそうです。


GDブレースとよく似ているもので、コボットという金物を、
エコリフォームではしばしば使用しています。

(↓こちらです)

e0131906_15465288.jpg


コボットは、壁の内部に施工をしますので、
窓を閉じないために使うならば、室内側から
壁を解体して取り付けをする必要がありますが、

GDブレースは、外部から取り付けることが出来るのが
違うところです。

沢山の金物の中から、エコリフォームの現場を監理しております
建築士の塩谷が、強度・施工性・金額・見た目などに応じて、
その場その場に適切なものを、選んでご提案を致します。

e0131906_15521771.jpg


こうやって、色々考えている時の塩谷は、とても楽しそうです。

非常に専門的で、難しい内容ですので、私などは教えてもらっても
細かいところまでは理解できないのですが、好きなんでしょうね~!!


明日・明後日で、工事は完了予定です。
火曜日が、雨のようなので、外の作業が少し心配です。

また、ご紹介をさせて頂きますね。
[PR]

by reform_house2 | 2011-05-08 15:55 | 耐震

<< 耐震補強リフォームが完了しました。 着工中の木造住宅耐震リフォーム⑤ >>