耐震工事をさせて頂いたお客様を訪問   

こんにちは、コーディネーターの薄井です。

大きな地震から4日後、昨年の秋に耐震工事を含めた大掛かりなリフォームを
させて頂いたお客様のところへ、伺ってきました。

以前から、お邪魔するお約束をしていて、地震があったので
いかがかとも思いましたが、お客様の方が大丈夫とのことでした
ので、予定通りお邪魔させて頂くことにしました。


お会いしたのは、年末以来です。

ご家族皆さんお元気で、壁紙を貼ったり塗り壁をされたり、
DIYの方も順調の様子♪

e0131906_11364973.jpg


気になる箇所など、ひと通り点検させて頂いた後、

e0131906_11375939.jpg


「さあさ、おこたに入って下さい!」とお母さんが仰って下さり、
お茶を頂きながら、お話をさせて頂きました。

話の中心は、心配な地震のことです。

 
こちらのお宅は、築40年ほどの、木造のコンパクトなお宅を、
2軒同時に、リフォームをさせて頂きました。

木造の建物にとっては、強度を保つために大変重要な4隅の通し柱が、
白蟻に喰われ、グズグズになっていたほどの住宅を、再生させるという、
非常に難しいリフォームでした。

(リフォーム前の様子)

e0131906_11504718.jpg


(リフォーム後の様子)

e0131906_1151349.jpg



地震の時、お家にいらしたお母さんによると、大きな揺れは
あったけれども、棚が倒れたり、食器が落ちたりということは
まったくなく、唯一、冷蔵庫の上に置いてあったスプレー缶が
落っこちたそうです。


お客様ご自身も、リフォームしてなかったら
今回の地震で家がつぶれていたと思いますと仰っていました。

私も、こちらのお宅を昨年リフォームさせて頂いていて、
本当に、良かったと、心の奥底から思いました。


私たちエコリフォームは、お預かりした建物を
安全な家にリフォームをさせて頂くことを、
会社の大きなテーマとしています。

今回の地震は「想定を超える地震」
「1千年に一度の大地震」などと言われています。

じゃあ、一体どのくらいを想定しておけば
万全なのかなど、考え出すと心配は尽きませんし、
人間では及ばない、自然の力というものがあります。

今回の地震で、建物の耐震基準も、
もう一度見直されるでしょう。


私たちは、目の前の、私たちを信頼して工事を
お任せ下さったお客様に対して、施工的・費用的に
出来る限りの安全対策をしっかりと施させていただく、

そのことが、私たちの今までやってきたことであり、
これからもやっていくべきことなんだと思います。
[PR]

by reform_house2 | 2011-03-27 11:20 | 耐震

<< 中古住宅を購入してリフォーム 文京区のスケルトンリフォームが... >>