店舗併用住宅耐震リフォーム④   

こんにちは、コーディネーターの薄井です。

練馬の耐震スケルトンリフォーム、解体工事が続いています。


建坪が17坪近くある2階建てのお宅ですので、私たちがで承るの中では大きい方に入ります。

木造住宅のリフォームとしては、最も大規模と言っても良いくらいのリフォームですので、

解体にも2~3週間掛かります。



初めの週は、解体専門の職人さんが入り、大枠の解体を行いました。

e0131906_1883560.jpg


「解体は、片付けが勝負だから」と職人さんが言っていました。

解体を終えたところから、もう一人が手際よく袋に詰めていきます。

e0131906_1881740.jpg


解体は壊していく作業なのに、片付けが一番のポイントとは・・・。



1週目が終わり、次の週からは、大工さんが解体をしています。

大工さんは、解体をしながら、傷んでいるところ、腐っているところ、
間取りの変更に伴い、撤去や補強が必要なところを直していっています。

e0131906_1822541.jpg



計画の段階でも、予想をして検討を重ねていますが、リフォームではどうしても現況が出来上がりに影響してまいりますので、細かい納まりや高さ、寸法関係は、解体した後で最終決定していきます。

一級建築士の塩谷と、大工さんで、相談を重ねながらベストな方法を探ります。
[PR]

by reform_house2 | 2010-03-09 17:33 | 店舗併用住宅耐震リフォーム

<< 「夏、暑くて居られないんです・・・」 店舗併用住宅耐震リフォーム③ >>