無垢の建具と階段   

こんにちは、コーディネーターの薄井です。

江東区で進んでおります、昭和20年代に建てられた木造住宅のスケルトンリフォームも、いよいよ、来週の月曜日にお引渡しを迎えます。お客様も、とっても楽しみにして下さっています!



さて、そんな現場から、建具のお話です。

こちらのお宅では、無垢の建具を使用しました!無垢は無垢でも、自然塗装のかかった、無垢の建具です。



少し前の写真になるのですが、こちら。

e0131906_1023794.jpg


ウッドワンの息吹というシリーズの、ハニーブラウンというカラーです。ニュージーランドで育てたパイン材で出来ています。



以前に、お客様と建具を選びにショールームへ行ったときの記事を書きました。

その時の感想も、素敵だと思いましたが、実際に取り付いてみたら、もっともっと、素敵でした!

階段も、同じシリーズのものでまとめました。

e0131906_1447031.jpg




この空間にいると、心が和みます。

インテリアのイメージは、あまり明るすぎないほうがお好み、とのお客様の希望がありましたので、ナチュラルな色ではなくて、こちらのハニーブラウンをお選びしました。

なんとも言えないんですよね~こちらの色と素材感。落ち着いた、本物だからこその雰囲気が漂います。


お客様も、ショールームでご覧になったときより、更に良い気がします!と仰っていました。

私もとっても気に入りました。素敵なお家に生まれ変わって、嬉しいです。



デザイン リフォーム
[PR]

by reform_house2 | 2009-07-20 15:04 | 築60年の木造住宅スケルトン

<< 着工しました。 リフォームで窓を交換して、明る... >>