タグ:まるごと ( 2 ) タグの人気記事   

スケルトンリフォームに対する思い。   

工事を担当している塩谷です。

今回は、珍しく中古住宅リフォームのブログに登場です。

スケルトンリフォームでは、さまざまなことが発覚?します。

いままで気づかなかった事柄や気になっていたこともすべて露になります。

e0131906_21133954.jpg


いいこと悪いことすべてを受け止めなければ成りません。

壊してみたら、土台が腐っていた、もしくは土台そのものが無かったなどという事は日常茶飯事なのです。

私どもにしてみたら、当たり前の事のようなものでも、お住まいに成られていたお客さんにしてみたらショックです。

私たちも、決して「どうせ壊すんだから」などという気持ちでは工事は決してしません。

住まいは、それぞれ事情と言うものがあるのです。

建てられた時代の背景もありますし、当時の予算もあるのです。

一概に建てた大工さんや設計者を攻めることなど出来ないのです。また、逆も然りですが、その場合は大いにお客様にはお伝えするようにしています。

50年や60年前では、材料も不足していた時代です、何とか材料を浮かして手手間をかけて乗り切った建物も多いのです。

今では、到底出来ないような、すばらしい仕事に出会うこともあります。

なるほどなぁと思いながら建てた大工さんに敬意を払い、お客様に報告し解体するのです。

長く住んでおられたお客様ほど、解体の場面には立ち会いたくないようです。

すっかりと取り払われてきれいになった建物を見たときに、初めて現実にリフォームをするのだという実感が伴うようです。

そんな、スケルトンリフォームに携わることが出来て我々は本当に幸せです。

一番大変な解体作業ですが、解体が終わりほぼ建物の全貌が露になったときに、初めてその建物と対峙するような気がするのです。

傾いていたり、腐っていたりしても、それが現実です。

現実を深く受け止め、対策を練っていくときにスケルトンリフォームならではのやりがいを感じるのです。

さて、今度のスケルトンリフォームでは、どんな問題や障害が現れるのでしょうか?
[PR]

by reform_house2 | 2013-02-25 20:51 | スケルトンリフォーム

ご挨拶。   

e0131906_14582916.jpg


今日から新しいブログのスタートです。
私は、株式会社エコリフォームの代表をしております塩谷理枝と申します。

工務店に嫁いで早や20年、建築のことなど何もわからなかった私が、棟梁である義父、一級建築士の主人、協力業者さん、そして何よりもお客様から沢山のことを学ばせていただき、4年前に女性だけのリフォーム会社 『エコリフォーム』 を立ち上げました。

命を守るための家造り、毎日暮らす空間の大切さをいつも心に置き、この仕事に取り組んで参りました。

私達は、スピーディーに沢山の工事をこなしていくというスタイルではなく、お一人お一人のお客様にじっくり関わらせていただき、その方にとっての最善のプランをご提供していただくことを一番に心がけております。

このブログの題名にもなっていますが、バックボーンが工務店のリフォーム会社ということもあり、耐震を考えた木造中古住宅のリフォームのご依頼をいただくことが多くございます。

今お住まいの家を、そして中古の家を買われリフォームされるなどご事情は様々ですが、木造戸建住宅リフォームの施工させていただいたこれまでの経験を活かし、情報やお客様からの声を伝えいきたいと思います。

事例もまじえ、住宅のことでお悩みの方やリフォームをお考えの方のお役にたてるようしっかりとした情報を発信してまいります。

今後とも宜しくお願い申し上げます。




リフォーム 東京
[PR]

by reform_house2 | 2008-03-05 18:46 | エコリフォーム社のおもい