「ほっ」と。キャンペーン

<   2013年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧   

長屋のリフォーム その6   

こんにちは、コーディネーターの清水です。

ここのところゲリラ豪雨が多いですね。
晴れていたのに、突然空が暗くなったかと思うと大雨。
先週末の隅田川花火の際も大変なお天気でした。

さて、長屋のリフォーム。
今回は浴室にスポットをあてます。

最近では、戸建てでも、マンションでも、ユニットバスが主流となっていますが、
I様邸では、効率よく間取りを配置したため、
浴室は融通の利く在来工法で施工することになりました。

施工は大工さん、タイル屋さん、水道屋さんで行います。
タイル屋さんは久しぶりの在来工法ということで、テンションが上がっていましたよ。
それだけタイルを使った在来工法の浴室の工事が減ってきているということですね。

まず大工さんが浴室内の軸組みを組んで、壁に構造用合板を貼ってくれました。
e0131906_15513439.jpg


次にタイル屋さんが壁に防水シートを貼り、
その上にモルタルの代わりになるセメント板を施工してくれました。
e0131906_162226.jpg

こちらは防火性、耐水性、耐久性に優れた材で、これがタイルの下地となります。

そして下地の上にタイルを貼っていきます。
e0131906_1632485.jpg

壁は光沢を抑えた白の200角タイルを貼らせていただきました。

次に浴槽を据え置き、床のタイルを貼ってほぼ完成の状態です。
e0131906_1651215.jpg

浴槽はタカラスタンダードのホーロー浴槽です。
肌触りがよく、耐久性抜群です。
床のタイルは、素足で歩いてもヒヤッとしないLIXILのサーモタイルです。

水道屋さんは給排水の配管をしてくれました。
e0131906_167463.jpg

この後仕上工事で水栓などの取り付けをお願いします。

先日I様にも工事途中の様子をみていただき、
浴槽も以前より大きくなった気がするとおっしゃっていただきました。

以前は水色の浴槽でしたので、色が白く明るくなっただけでも
印象が異なります。

それでは、完成の様子を楽しみにしていてくださいね。
[PR]

by reform_house2 | 2013-07-29 20:30 | 長屋リフォーム

長屋のリフォーム その5   

こんにちは、コーディネーターの清水です。

台東区で進んでいる長屋のリフォーム、I様邸。
I様邸では、1階はコルクタイル、2階3階では「越後杉」を貼らせていただきます。

コルクタイルは内装業者さんが貼ってくれるのですが、
無垢のフローリングは大工さんの担当です。

今回施工させていただくことになった「越後杉」は
株式会社ウッドノートさんで取り扱っている製品です。

余談ですが、ウッドノートさんで今年の4月から「越後杉」の取り扱いを始めて、
弊社が首都圏で初めての納品先だそうです。

寒い地方で育った「越後杉」は気象条件のせいで成長がゆっくりで、そのため
目が詰まった、強くて、狂いの少ない木材になるそうです。

一般的に針葉樹のフローリングは広葉樹のものに比べて柔らかく
肌触りが良いのが特徴です。
柔らかく衝撃を吸収してくれるので、足腰への負担も軽減してくれます。
小さいお子様や高齢者の方がいらっしゃるお宅にもお薦めの床材です。

無垢材は呼吸しますので、湿気の多い時期には湿気を吸収し、
乾燥する時期には溜めていた水分を掃き出し、調湿する作用があるのも嬉しいですね。

I様にサンプルをお見せした際、節のある表情も気に入っていただき
すぐに採用が決まった床材です。

こちらが、越後杉のフローリングです。
e0131906_16501955.jpg


最後にオイルで塗装します。
また違った表情になりますよ。

完成の時にご紹介しますのでお楽しみに。
[PR]

by reform_house2 | 2013-07-26 16:54 | 長屋リフォーム

長屋のリフォーム その4   

こんにちは、コーディネーターの清水です。

今日は少し涼しく感じる1日でしたね。
明日もあまり気温は上がらないようです。

さて、長屋のリフォームのご報告です。

長屋のI様邸では、屋根もお隣とつながっておりました。
今までにも何度か屋根の塗装直しなどをI様とお父様とでされていたそうですが、
つながっているため、お隣さんの屋根もI様がメンテナンスされていたそうです。
でもそれはとても大変な作業だったとか・・・

そのような経験もあって、今回のリフォームで
メンテナンス性の良い屋根に葺き替えを希望されたI様。
ご要望に応え、メンテナンス性のよい
ガルバリウム鋼板葺きの屋根に葺き替えました。

ガルバリウム鋼板は4年から6年に1度は点検は必要ですが、
耐用年数は25年以上と、耐久性は良い屋根材です。

今回のI様邸の屋根工事では、下地材にもこだわりました。
断熱材はもちろん、通気性のある防湿シートを施工しましたので
日射の影響を受けやすいガルバリウム鋼板の弱点を補うとともに
通気性を確保して野地板のカビの発生を抑制するなど
更なる屋根の長寿命化につながります。

こちらは断熱材を敷き詰め、屋根下地の野地板を施工しているところです。
e0131906_21112079.jpg


野地板の上に防湿シート、イーストルーフ通気メタルを敷き詰めています。
e0131906_21124320.jpg


そして屋根材ガルバリウム鋼板を施工しました。
e0131906_2113355.jpg


ちなみに今回はお隣の屋根と見切り材をつけて、切り離すことができました。
I様のメンテナンス作業もこれで楽になりますね。
[PR]

by reform_house2 | 2013-07-16 21:24 | 長屋リフォーム

新しい事例が公開されました   

こんにちは、コーディネーターの清水です。

例年よりも早い梅雨明けとともに、猛暑がやってきましたね。
熱中症にはくれぐれも注意が必要ですね。

さて、昨年の2月に完工したE様邸のリフォーム事例が
先日公開されましたのでお知らせいたします。

築48年9坪のお宅のスケルトンリフォームです。

私が入社する少し前に完成したE様邸。
実際にお宅にお邪魔したことはありませんが、工事中の写真を拝見したり
エピソードなどを事務所内で耳にして
事例が出来るのをずっと楽しみにしていました。

引渡しをさせていただいてからも
事務所に遊びに来ていただいたり、お食事会をさせていただいたりと
新参者の私もご一緒させていただく機会に恵まれ
とても明るいお人柄のお施主様のE様とお母様の大ファンになってしまいました。

内輪ごとですが、このリフォームは結婚して退職した
先輩薄井さんの最後のお仕事でもあります。

とてもよく考えられているリフォームですので、皆さん是非ご覧ください。
読み応えタップリの事例となっていますよ。
[PR]

by reform_house2 | 2013-07-12 10:49 | 情報