「ほっ」と。キャンペーン

<   2013年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧   

江戸川区のスケルトンリフォーム・・・その5   

明日から4月だというのに冬に逆戻りした寒さですね。
風邪をひかないように体調管理をしっかりしないといけませんね。

さて、江戸川区のスケルトンリフォームは順調に進んでいます。

先日はキッチン工事が行われました。
ショールームでお打合せしたタカラスタンダードの新商品エマージュというシリーズです。

K様邸は2世帯同居ですので、1階2階にキッチンを施工しました。

ホーローのキッチンパネルを貼り、レンジフードを取り付けたところです。
e0131906_213921100.jpg


キッチン施工業者さんがキャビネット内部の施工をしているところです。
e0131906_21393872.jpg


2階息子さん世帯はこちら。キズがつかないようカバーをしているので少し分かりづらいでしょうか・・・
e0131906_21395959.jpg
この対面式のキッチンから通りの桜が見えるんですよ。
キッチン前に立つのが楽しくなりますね。

1階の親世帯はこちらです。
コンパクトな奥行き60cmタイプのキッチンです。
1階2階ともお色味はほとんど同じものを選ばれています。
e0131906_21401467.jpg

お母様の夢だった対面キッチンで、カウンターをキッチンの裏側に取り付け
簡単な食事ができるようになっています。

まだ工事途中ですが、夢が叶うわ!ととても喜んでいただいています。
そうおっしゃっていただけると私共もとても嬉しく、もっと喜んでいただこう!
期待を裏切らないよう頑張らなくては!と気持ちを引き締めます。

K様邸のリフォーム工事はまだまだ続きます。
またご報告しますね。
[PR]

by reform_house2 | 2013-03-31 22:03 | スケルトンリフォーム

江戸川区のスケルトンリフォーム・・・その4   

3月も後半に入ってからあっという間に桜が咲いて、もう散り始めていますね。

江戸川区のリフォーム現場近くの桜並木もとてもきれいでしたよ。
e0131906_167119.jpg

K様邸では窓も大きくなったので、来年からはお部屋の中からお花見を楽しんでもらえることと思います。

さて、リフォームの様子をお伝えします。

断熱材で包まれたK様邸。
さらに遮熱シートで覆い、建物の暑さ寒さ対策を施しました。
こちらがラミパック 酒井化学さんの製品です。
e0131906_1613499.jpg
弊社ではお馴染みの材料になってきました。

施工した様子はこちら
e0131906_1643818.jpg
こちらの写真では天井のみですが、このあと外壁回りも覆いました。

間仕切りも徐々にできてきました。
この壁にはシステムキッチンが施工されます。
e0131906_169817.jpg
間仕切りができてくるとお部屋らしくなってきます。

床には無垢のフローリングを貼っています。
e0131906_166265.jpg

弊社では無垢材のオイル仕上げをオススメすることが多いのですが
今回K様のお宅では、猫ちゃんが4匹いますので、
汚れがつきにくくお手入れしやすいウレタン塗装のフローリングを採用していただきました。

オイル仕上げのものに比べると少し無垢の特性である調湿性能などはおちますが
ペットなどを飼育されていて床が汚れやすいお宅で
どうしても無垢のフローリングにされたいという場合は
ウレタン塗装仕上げがオススメです。

それでは、またご報告します。
[PR]

by reform_house2 | 2013-03-28 21:00 | スケルトンリフォーム

江戸川区のスケルトンリフォーム・・・・・・その3   

寒暖の差が激しい日が続いていましたね。
来週は暖かい陽気が続くようですよ。
暑さ寒さも彼岸まで・・・・本当にそうですね。

さて、江戸川区のスケルトンリフォーム、こちらも進んでおります。

K様のお宅は天井高が一般のお宅よりも高めです。
その天井高を活かして、2階にはロフト空間を設けることになっています。

このロフト空間は4匹いる猫ちゃんたちの格好の遊び場になること間違いなし。
もちろん収納場所としてもお使いいただけます。
こちらがそのロフト空間を支える梁組みです。

e0131906_18432134.jpg


e0131906_18413183.jpg


今回のK様ご家族のリフォームへのご要望の中には
「猫ちゃんも楽しく暮らせる家」というものがありました。
猫ちゃんが楽しく暮らせるよう、他にもキャットウォークなどが計画されています。
完成をご期待ください。

工事の話に戻ります。

上の写真にも白いものが天井に写っていますが、パーフェクトバリアという断熱材です。
エコリフォームではお馴染みの断熱材です。
この材を外壁回りの壁にも施工します。

1階床には断熱材フクフォームecoが使われています。
e0131906_197232.jpg


K様邸には断熱材などが入っておらず、夏はとても暑く、冬は外にいるように寒かったそうです。
今回のリフォームではしっかりと断熱材、そして遮熱材を施し快適なお家にしますよぉ。

1階もガレージだった場所に床が貼られ、ずいぶんと様変わりしました。
こちらがリフォーム前
e0131906_18564461.jpg


そしてこちらが工事中の写真。
e0131906_18594822.jpg

床が貼られると印象が変わりますよね。

この日UBも施工されました。
e0131906_18463555.jpg


それでは、また次回工事の様子をお伝えします。
[PR]

by reform_house2 | 2013-03-16 10:00 | スケルトンリフォーム

江戸川区のスケルトンリフォーム・・・その2   

こんにちは、コーディネーターの清水です。

3月に入りだんだん春めいてきましたね。
現場付近には桜並木があるので
今から開花が待ち遠しいです。

さて、工事の方はといいますと・・・

足場も架けられ、工事現場らしくなってきました。
e0131906_19111988.jpg


内部はといいますと・・・前回スケルトン状態になったK様邸。
2階の床は既存の床の上に新しい床を組む工法で進めるつもりでしたが
高さを調べてみると、建物中央と隅で高低差があることが判明しました。
その差はなんと7センチ。

なぜ7センチもの高低差が生じてしまったのか、正確な原因は分かりませんが、
そのままにしておくわけいはいきません。
既存の床をはがし、高さ調整するためのクサビを根太に挟み込みながら
床が水平になるように床の下地を組み直しました。

建物隅付近は根太と下地板の間に隙間はありません。
e0131906_19125188.jpg

建物中央に向かってだんだん床レベルが下がっているので、クサビをはさみ込み、高さをそろえています。
e0131906_19143662.jpg


これで床は水平になりました。

ところがまたもや問題が発生です。
高さ調整をしたことで、階段の一番上の踏み板と2階の床高さに
その7センチの段差が出てしまったのです。
e0131906_1915229.jpg

蹴上げ(階段1段の高さ)の高さが揃っていない状態は、
階段の上り下りにとって、とても危険です。

これを解消するためには1段ずつ少しずつ踏み板の厚さをプラスして
蹴上げ高さを揃えていくか、階段を丸ごと架け替えるか、選択が必要に。

K様に状況をご報告したところ
以前の階段は幅が狭くてご不便をされていたということもあって
今回は新しく階段を作り直すことになりました。

リフォーム工事では予測のつかない事態が起こるものです。
その度によりよい解決方法を探り、お客様が不安にならないよう、
慎重にご報告し、工事を進めさせていただいています。
[PR]

by reform_house2 | 2013-03-08 13:00 | スケルトンリフォーム