<   2013年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧   

スケルトンリフォームに対する思い。   

工事を担当している塩谷です。

今回は、珍しく中古住宅リフォームのブログに登場です。

スケルトンリフォームでは、さまざまなことが発覚?します。

いままで気づかなかった事柄や気になっていたこともすべて露になります。

e0131906_21133954.jpg


いいこと悪いことすべてを受け止めなければ成りません。

壊してみたら、土台が腐っていた、もしくは土台そのものが無かったなどという事は日常茶飯事なのです。

私どもにしてみたら、当たり前の事のようなものでも、お住まいに成られていたお客さんにしてみたらショックです。

私たちも、決して「どうせ壊すんだから」などという気持ちでは工事は決してしません。

住まいは、それぞれ事情と言うものがあるのです。

建てられた時代の背景もありますし、当時の予算もあるのです。

一概に建てた大工さんや設計者を攻めることなど出来ないのです。また、逆も然りですが、その場合は大いにお客様にはお伝えするようにしています。

50年や60年前では、材料も不足していた時代です、何とか材料を浮かして手手間をかけて乗り切った建物も多いのです。

今では、到底出来ないような、すばらしい仕事に出会うこともあります。

なるほどなぁと思いながら建てた大工さんに敬意を払い、お客様に報告し解体するのです。

長く住んでおられたお客様ほど、解体の場面には立ち会いたくないようです。

すっかりと取り払われてきれいになった建物を見たときに、初めて現実にリフォームをするのだという実感が伴うようです。

そんな、スケルトンリフォームに携わることが出来て我々は本当に幸せです。

一番大変な解体作業ですが、解体が終わりほぼ建物の全貌が露になったときに、初めてその建物と対峙するような気がするのです。

傾いていたり、腐っていたりしても、それが現実です。

現実を深く受け止め、対策を練っていくときにスケルトンリフォームならではのやりがいを感じるのです。

さて、今度のスケルトンリフォームでは、どんな問題や障害が現れるのでしょうか?
[PR]

by reform_house2 | 2013-02-25 20:51 | スケルトンリフォーム

江戸川区のスケルトンリフォーム   

江戸川区でスケルトンリフォームが始まりました。
1月末にご契約いただいたK様邸です。

こちらの建物は鉄骨造2階建てです。
今回のK様邸では大幅な間取りの変更を行いますので
間仕切壁や内装を撤去しほぼスケルトン状態にします。

解体作業の様子です
e0131906_13591041.jpg


埃が舞いますので、カメラのレンズも汚れて写真に点々模様が映りこんでしまって見づらいですが・・・
e0131906_13592537.jpg


鉄骨造ですので、間仕切壁を撤去したらこのような大空間になりました。
e0131906_13594925.jpg


解体を終えたところでK様ご家族に確認していただきました。
下の写真は構造についてご説明しているところです。
e0131906_1435133.jpg


断熱材などが入っていない建物だったので、
今までは夏はとても暑く、冬は寒さが厳しかったそうです。

今回のリフォームでは建物を断熱材でくるみ
暖かいおうちにします。
K様も快適な家になることをとても楽しみにしていらっしゃいます。
期待を裏切らないよう頑張りますよぉ。

明日から本格的に木工事が始まります。
また工事の様子をお伝えします。
[PR]

by reform_house2 | 2013-02-24 20:00 | スケルトンリフォーム

中央区の耐震リフォーム 内装工事   

こんにちは、コーディネーターの千葉です。

昨年から工事をさせて頂いてる、中央区の耐震
リフォームが先日完成しました。

今日は、その内装工事の様子をご紹介です。


クロスを張ると空間がぐっと完成に近くなります。

T様はシンプルな白っぽいクロスを選ばれましたので、
空間が広く感じます。


e0131906_21193569.jpg



玄関まわりのリフォームもしました。
外部に面した窓には、防犯の為に格子は必要ですが、
玄関の隣なので、建物の顔になります。

そこで造る事になりました。

内装も、玄関扉も洋風なので、横格子にしました。
縦だと和な感じに仕上がります。

そして玄関の色に合わせて濃い茶で塗装しました。

真っ白な外壁に濃い茶の格子が映えます。

e0131906_212216100.jpg


写真ではわかりにくいですが、
実はちょっと勾配がついていて、水はけが良くなるような仕組みです。
大工さんのちょっとした工夫です!!

※もちろん外部用の塗装を施しています。

そして玄関には、T様お気に入りのアンティークのステンドグラスペンダントを
つけました。
e0131906_21284532.jpg


電球の光がステンドガラスからもれて、壁に映る様子は
何とも言えない素敵な雰囲気をかもし出してくれます。

e0131906_21302977.jpg


そしてキッチンの背面には、
既製品の家具だと使いにくくなってしまう
構造でしたので、家具屋さんにオーダーしました。

寸法ぴったりにつくってもらったキッチン収納です。

一つ一つが、お客様とお打合せをして決定した、
思い出の品々です。

空間が完成し、とっても喜んで下さいました。

仮住いしてくれていた、愛猫のプリンツ君も
やっぱりお家が良いみたい!

e0131906_2133328.jpg


次回は完成の様子をご紹介します。
[PR]

by reform_house2 | 2013-02-22 21:36

ショールーム打合せ   

こんにちは、コーディネーターの清水です。
今日も寒い1日でしたね。

北風が吹く中、今日は先日ご契約いただいたK様ご家族をショールームにご案内してきました。

まずは弊社おなじみのタカラスタンダードのショールームにて
ご提案しているキッチン、ユニットバスの仕様を確認していただきました。

キッチンは3月に発売開始される新商品でご提案しています。
まだ実物の展示はないのですが、従来品でサイズ感や
機器のお手入れ方法などを確認していただきました。

ショールームのお姉さんのお話に驚いたり感心したり
とても真剣にお話しを聞いておられました。
写真はホーローの強みの説明を聞き入っておられるところです。
e0131906_1947919.jpg


タカラのホーロはキズにも強く汚れも落ちやすくて本当にオススメなんですよ。

続いてトイレの仕様をご確認いただくため、LIXILとTOTOのショールームにご案内。
当初はLIXILの便器を気に入られていたK様でしたが
TOTOの節水性能に惹かれ最終的にはTOTO製品を選ばれました。

他にもサッシの形状やら色やら建具のデザインやら、はたまたコンセントやスイッチの位置まで
今日はいろいろお決めいただきました。

K様ありがとうございました。
[PR]

by reform_house2 | 2013-02-11 18:34 | リフォームの現場から