「ほっ」と。キャンペーン

<   2013年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧   

木造住宅の階段の架け替え   

こんにちは、コーディネーターの千葉です。
中央区のスケルトンリフォームが進んでいます。

当初階段はそのままで表面だけ、
コルクを貼って綺麗に仕上げる予定でしたが、
掛け替えをご提案し掛け替える事になりました。

お客様も、『実は階段が気になっていたの~』とのことで、
とても喜んで下さいました。

築60年の建物なので階段はとても急で、
踏面(足が乗る部分)が狭く、特に降りる時が怖い階段でした。
リフォーム前の写真です。

e0131906_1023123.jpg


階段の位置をかえるのはちょっと大掛かりな工事になってしまうのですが、
他が少しずつ完成に近づいて空間が見えてきたので、
工夫をすれば少し緩くかけられる事がわかりました。

そして階段もリフォームした結果、以前よりだいぶ踏面が広くなりました。

e0131906_1025225.jpg



リフォームは壊してみないと建物の状態が把握できない為
計画の変更などをお願いする事もありますが、
このようにリフォーム中に新たな新しい案が生まれる事もあります。

より快適な空間になるよう、
リフォームが始まってからもお客様と現場と相談しながら進めて行きます

階段ホールもきっと素敵になりますよ。
完成が楽しみです。
[PR]

by reform_house2 | 2013-01-31 10:07 | スケルトンリフォーム

ご契約いただきました   

こんにちは、コーディネーターの清水です。
早いものでもう1月も今週で終わりですね。

先日プレゼンテーションさせていただいたお客様から
正式にご契約いただくことができました。
K様有難うございました。

これから着工までの約1ヶ月は工事がスムーズに運ぶように
業者さんを手配したり、工事に使用する部材や設備を発注したり
準備期間になります。
また、お客様との打合せも細かな打合せも重ねていきます。

「段取り八分」といってこの準備が工事の行方を左右すると言われています。
私たちエコリフォームを信頼して工事を依頼してくださったK様の期待を裏切らないよう
精一杯やらせていただきます!

工事の様子などもこのブログで報告させていただきますね。
[PR]

by reform_house2 | 2013-01-29 20:46

プレゼンテーション   

こんにちは、コーディネーターの清水です。
今日も冷えますね。

さて、先週の日曜日はプラン契約をいただいているお客様のお宅に
プレゼンテーションに伺いました。

ご家族と猫ちゃん4匹でお暮らしのお宅です。
息子さんがこの夏にご結婚され同居されることになり
リフォームをご検討されています。

猫ちゃんとご家族が楽しく快適に暮らせるお家になるよう
プランを考えプレゼンさせていただきました。

こちらはコーディネーター千葉がたくさん描いたパースの一部です。
e0131906_20292747.jpg


お客様にも大変喜んでいただき、
スタッフ一同ホッとしているところです。

順調にいけばこの春工事が始まります。
工事の様子はまたこのブログでご報告させていただきます。
[PR]

by reform_house2 | 2013-01-24 10:00

明けましておめでとうございます。   

あけましておめでとうございます。
エコリフォームの千葉です。

本年もどうぞ宜しくお願い致します。

工事は7日から開始し、中央区の耐震工事リフォームが始まりました。


お客様には、年越しは仮住まい先で過ごして頂くことに
なりましたので、
お預かりしているお宅ですので、
年末にお正月飾りをお客様に代わってさせて頂きました。

e0131906_9575951.jpg

1月7日からは下水道の工事です。

60年前のお宅ですと、下水道間が土管であることも珍しくありません。
土管が割れてしまうと、そこで水の流れがさえぎられ、
つまりの原因になります。

T様邸は検査をすると、どうも流れが良くないということで、
あけてみたら、土管が割れていたようです。

そこで、土管を撤去し排水管を取り替える工事となりました。

e0131906_1754191.jpg


建物でいう電気の配線やガス、水道は
人間の体でいうと血管のようなものです。

年を重ねると、血管がつまりやすくなったり、細くなったり、
だんだんと不調が表れてくるのと同じように、
建物も築年数がある程度たった建物ですと、
排水管や電気配線等も劣化していきます。

今回の工事では、そういった配管排水も
新しくする事になりました。
これで安心ですね。

床下をあけて、全部チェックできるスケルトンリフォームならではです。

築年数が経っていても、手を入れる事で建物は再生します。

大切に暮してこられた、お家を、
リフォームすることで蘇えらせます。

こちらのT様邸も順調に工事は進んでいて、
内装に取り掛かりました。

またご報告します。
[PR]

by reform_house2 | 2013-01-13 10:00 | 中央区の耐震リフォーム