<   2011年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧   

今年もたくさんのお客様と。   

e0131906_14314821.png


e0131906_20225837.jpg


e0131906_20235172.jpg


今年も終わろうとしております。
お蔭様で今年一年も、エコリフォーム社はたくさんのお客様との良いご縁をいただく事が出来ました。
3月の震災から、木造の戸建住宅への耐震補強工事のご依頼も多く、震災の影響を強く感じました。

今日は、今年、耐震補強工事を含めたスケルトンリフォームのお客様の所へ
暮れのご挨拶にお邪魔して参りました。

ご高齢のお母様のお話を伺うことができました、こちらのお母様は夏の暑い盛りに体調を崩され
入院なさっていたのですが、リフォームが終わったお家に戻られてだいぶお元気になられた
ご様子でした。

『こんなに家を良くしてもらってもっと長生きしたいって今は思っているのよ、ありがとう』

本当に嬉しくて、嬉しくて、ありがたくて、ありがたくて、言葉が出てきませんでした。

今年一年、スタッフ皆で精一杯頑張ってまいりました、お母様の言葉が、一年の
終わりに、私達への大きなご褒美のように感じました。

私達は、家という大きな器を造らせて頂くことが仕事です、でもそれを造ることが
目的ではありません、造らせていただいた器の中で幸せに暮らしていただくこと
こそが、私達の目的でもあり、役目でもあります。

また、来年も新たなお客様とのご縁を大切にスタッフ一同、一生懸命努力してまいります。

拙いブログではございますが、今年一年のご愛読に心から感謝いたします。

来る年が、皆様にとって素晴しい年となりますことを心よりお祈りいたします。
[PR]

by reform_house2 | 2011-12-29 20:49 | エコリフォーム社のおもい

お部屋のくぼみにぴったりの木のオーダー机♪   

こんにちは、コーディネーターの薄井です。
 
さむ~い、天皇誕生日の休日となりましたね、
外に出るとブルブルブル・・・こんな日も、現場では大工さんたち、
頑張ってくれています。本当に、頭が下がります。


さて、今日は、家具工事のご紹介です。
 
お部屋のリフォームが完成したら、これまで使っていた家具を置いたり、
新しいお部屋にあわせて購入したりするのも、楽しい過程ですよね♪
 
昨年の夏にリフォームが完成しましたI様も、徐々に、ご自分のお部屋を
整えていらっしゃいました。
 
慣れ親しんだ家の雰囲気を残しながら、構造的、暮らしやすさの面で
性能アップのリフォーム
をさせて頂いたお客様です。

e0131906_192241.jpg


そんなI様のお部屋、壁の一部に、窪みがありました。

そこは、木造住宅の特性上、どうしても抜けない柱と、間取り上できてしまった
くぼみで、その部分がI様がテレビを置いたり、パソコンを使ったりするデスクスペースと
なる予定でした。

e0131906_196384.jpg


上から図面で見ると、こんな感じです。

e0131906_1915537.jpg


このくぼみにぴったり合うデスクを、お探しだったI様ですが、
形がちょっと複雑なため、1年半探しても、ちょうど良いものが見つからず、
この際、作ってもらおうかな?ということで、ご相談を頂きました。

何度かお邪魔して、デスクに置きたいもの、下にしまいたいもの、
棚に収納されたいもの、デスクのイメージなどをご相談させていただいて、
欲しい形が決まっていきます。

e0131906_1923941.jpg


そして、いよいよ、この間の月曜日に、工事をさせて頂きました♪


工事は、まる一日。

朝、お邪魔しましたら、デスクができるのが楽しみで、
ワクワクして待っていて下さったI様。

早速、結構大掛かりに、お部屋の中がビニールなどで養生されていくのに、
びっくりされていました。

e0131906_1925798.jpg


机を作りつける、というと、簡単のように感じるかもしれませんが、
やっぱり工事は工事です。

お部屋の中に、材料(前もって、ある程度カットしてお持ちしました)と
ひと通りの大工道具を運び込んで、現場にあわせてぴったりに作っていきますので、
木屑なども、舞い上がってしまいます。

お部屋の中が、汚れないようにするための、養生なのです♪


早速、材料をカットし出します。

これは、机の天板になる板です。

e0131906_19323788.jpg


木屑の飛び散らない工具を使いますが、それでもちょっと出てしまうので、
隣で掃除機で吸い取っています。


この大きなデスクの天板(幅1m60cmくらいあります)を設置する作業は、
この日の山場!

e0131906_19335078.jpg


大工と、建築士の塩谷と、2人がかりです。


「塩谷さんが乗っても大丈夫なんて!! わーい♪ 頑丈で嬉しい~♪」とは、
隣で作業を見ていらっしゃった、I様のコメント。

確かに!(笑)


デスクが設置できたら、正面の棚板を設置していきます。

e0131906_193631100.jpg


本を乗せますので、しっかりと下地のあるところを探して、
レーザーで水平を出して、棚板をのせるための金物をつけていきます。


こちらでは、塩谷が、棚板の、カットした部分に、オイルを塗っています。

e0131906_1937404.jpg


こちらのデスクの材料は”タモ”という種類の木です。

植物性の原料でできた、リボスの塗料を塗ることで、木目が際立って、
とてもきれいです。


そして、夕方、デスクが完成です!!

e0131906_19432182.jpg
 

(ちょっと、天板がムラムラしているのは、手触りよくするために、やすりを掛けたからです。
後で、オイルをもう1回、塗って頂いて、こっくりした色合いになりました!)


パソコンとイスも、セッティングしてみましたよ♪

e0131906_19394035.jpg


足元のところの、窪みをうまく使うのが、難しい形状でしたが、
うまく棚を配して、パソコンのハードと、DVDデッキを置けるように計画。

「スッキリして、嬉しいです~♪」とお客様。

年内に作らせて頂けて、本当に良かったです。


机の右側のところ、奥行き15cmくらいの窪みは、本棚に。

e0131906_19444912.jpg


15cmって、いくらも無いように思いますが、意外と使えるサイズです。

棚板も移動できるようにして、ここにたくさんの本が収納できますよ。

ここが、うまく使えて、私もすっきり!しました。


I様と、一緒に考えさせて頂いたものが、形になって、
とっても嬉しいです♪


リフォームの時も、この場所にデスクをお作りしましょうかというお話になっていて、
その時は、まだ家具の配置とか、変わるかもしれないから、作り付けないで
おきます、と仰っていたI様。

1年半、暮らされて、今本当に欲しいデスクを、ゆっくりご相談しながら
作らせていただく事ができて、却って良かったと思います。

とても使い良く、出来上がったと思います。


工事の音など、1日、ご迷惑もお掛けしてしまいましたが、
ご協力ありがとうございました!
[PR]

by reform_house2 | 2011-12-23 19:55 | リフォーム完成しました

中古住宅を購入されリフォームされたお客様の感想   

エコリフォームのホームページに、
新しい、『お客様の声』が掲載されました♪

築30年の、木造2階建ての中古住宅を購入され、
昨年の11月~12月にリフォーム工事を承らせて頂きました、
足立区のH様のインタビューです。

お若いご夫婦、そして、リフォームが完成したときには、
ママのお腹の中にいた赤ちゃん、Mちゃんがお生まれになって、
幸せいっぱい!の3人ご家族のお客様です。

e0131906_10371816.jpg


中古の住宅を購入しようと思われてから、探された過程や、
リフォームを決めるまでのことなど、実際に経験された方だからこその
ご意見を、たくさんお話し下さっています。

e0131906_13231738.jpg

(インタビューの時の様子です。奥様と、すくすくご成長中のとっても可愛いMちゃん♪)


こちらのお客様H様は、珍しいケースだと思いますが、
「大工さんが、自分が住むために建てた家」を購入されました。

元々、こちらの土地に馴染みがおありで、建物もご覧になって、
しっかりした大工さんが、自分と家族のために建てた家だし、
頑丈だろう、ということで、購入をお決めになったわけですが、

弊社一級建築士の塩谷が拝見しまして、
お考えの通り、建物の状態は良好でした。

とは言いましても、30年前の建物ですから、当時の技術・素材を使って
建てられていますので、新しいH様のご家族に合わせて、
必要なところ、性能を上げておきたいところ、これからに備えての
メンテナンス箇所など、リフォームさせていただきました。

元がしっかりしているからこそ、必要なところだけ手を入れる、
ということが可能です。


2008年の国交省の統計によると、
2003年の日本の総世帯数は約4700万戸、
それに対し、住宅のストック数は約5400万戸です。

家族の数より、家の数が14%多いのです。
(持ち家・賃貸、戸建て・集合住宅とも含みます)


家を所有する=新しい家を建てる、だけではなくて、
今ある建物を直して住む、という選択も、当たり前に
選択肢の中に入ってくる時代になっているんですね。

新しい家を建てるよりも、今ある建物を直す方が、
トータル費用的にはメリットがあることが多いですが、

本当にその家を、安心して住める家にリフォームできるのか?
いくら位予算がかかるのか? など

お客様にとっては、難しい判断も伴います。

その様な中では、やっぱり、その道の信頼できる専門家の
意見を聞くことは、重要なことでしょう。


中古住宅の購入とリフォームをお考えの方は、
とても参考になると思います、事例のご紹介とあわせて、
是非、インタビューをご覧になってくださいね。

♪リフォーム事例
築35年の木造のお住まいを、お若いご夫婦&赤ちゃんの
暮らしにピッタリの軽快な空間へ


♪お客様インタビュー
「中古住宅購入の決め手は『建物の質』。
リフォームも『耐震』が一番の希望でした」

[PR]

by reform_house2 | 2011-12-05 11:25 | お客様の声