<   2011年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧   

文京区の耐震屋根工事   

こんにちは、コーディネーターの千葉です。

今年1月に1階を中心にリフォーム工事をさせて頂きました、
文京区のF様邸ですが、
大震災後の先日屋根の耐震工事ををさせて頂きました。

1月の工事では、屋根の瓦にはすぐに雨漏りなどにつながるような
劣化がみられなかった為、既存のままとさせて頂きましたが、
先日の大地震で棟が落ちてしまいました。

大震災後、建物の点検に伺った再に念のためにと
屋根の上らせて頂きチェックをしたところ、旨の部分が落ちてしまっていた事と、
瓦全体がスライドして下がっている事がわかりました。

F様に現状をお伝えし、ご検討頂き、
今後の事も考え、より軽量な屋根に葺き替えさせて頂く事になりました。

瓦は防火性、防音性、耐久性にとても優れた素材なので、
より軽量で瓦のような性能を全てクリアする素材を探すのは容易ではありません。

お客様にそれぞれの素材のメリットデメリットをご説明した上で
ファイバーグラスシングル屋根材にさせて頂く事で決定しました。

ただ、瓦に比べて断熱性能がどうしても落ちてしまいます。
それを軽減する為に小屋裏に断熱材を入れることをご提案致しました。


葺き替え前

e0131906_16312648.jpg

棟瓦が落ちてしまっています。
瓦を撤去し、下地も新しくやりなおしました。

葺き替え後
e0131906_16322132.jpg


お色はブラックですが、濃淡のあるブラックで、重すぎず
とてもモダンに仕上がりました。

これでだいぶ屋根が軽くなったと思います。

屋根工事が完了するまで、しっかり養生をしていたとはいえ、
雨が降るたびに心配だった事と思います。

これで安心ですね。

屋根を軽くする事、これも耐震工事となります。

余震も続いていますし、東京も、いつ襲われるかわからない
大地震に出来る限り備えたいですね。
[PR]

by reform_house2 | 2011-04-28 16:57 | 耐震

中古住宅リフォーム お引渡し   

こんにちは、コーディネーターの薄井です。

昨日は、杉並でさせて頂いておりました、中古住宅の
リフォーム
の、お引渡しをさせて頂きました。

e0131906_1165238.jpg


広くなったベランダ♪

e0131906_117153.jpg


e0131906_117252.jpg


奥様はこちらで、たくさんの植物をお育てになるそうです。


1階は、畳から無垢の床に変更しました。

e0131906_1181055.jpg


カバ桜という種類のフローリングです。


私たちの事務所も、同じカバ桜ですが、

e0131906_11103710.jpg


それよりも、今回のお客様のお宅のカバ桜は、少し赤みがかった
色合いです。

同じ会社から仕入れたフローリングですし、
同じオイルを使って同じ工程で塗装をしていますが、

自然のものなので多少色合いが異なります。

正面の引戸のところは、元からあった物なので、
ちょっと赤みがかった色合いは、良かったと思います。


e0131906_11124174.jpg


奥様と♪


写真を見て頂いてもわかるとおり、壁紙は仕上げをせずに
お引渡しです。

これから、2ヶ月くらい掛けて、ご自分たちで漆喰を
塗ったり、棚を作ったり・・・♪

住まいを整えられ、お引越しをされるそうです。

きっと、温かなご夫婦の雰囲気がいっぱいの、
居心地がよく、満ち足りたお家にされることと思います。



お引渡しは名残惜しいですが、出来上がったら、
きっと見せて下さいね、とお願いをして、失礼してきました。


こちらのお客様も、私たちのホームページを見てくださり、
お問い合わせを下さいました。

数あるホームページの中から、目に止めて頂いたお陰で、
素敵なご夫婦とご縁をいただく事が出来て、嬉しいです♪



それから、大きな地震と重なりながらも、無事にお引渡しを
させていただく事が出来て、工事に関わって下さった
方々にも、心から感謝いたします。

また、お会いできるのを、楽しみにしております。

ありがとうございました。
[PR]

by reform_house2 | 2011-04-17 11:37 | 工事中のお宅

中古住宅を購入してリフォーム   

こんにちは、コーディネーターの薄井です。

桜の花も咲き始め、落ち着かない毎日の中でも
春がやってきたことを、肌で感じます。


さて、今、杉並区で中古住宅のリフォームをさせて頂いています。

近くに、善福寺池という大きな池があって、
落ち着いた、とても暮らしやすそうな街です。

e0131906_15592147.jpg


リフォームをさせて頂いている建物は、2階建ての長屋住宅なのですが、
元々は平屋で、その建築はなんと昭和2年だそうです!

大大大先輩ですね~。


お客様は、こちらのお宅を中古で購入されました。

この土地に、もう長くお住まいで、
こちらの家を気に入って購入されたそうです。

以前のオーナーさんが、メンテナンスをしながら大切に
住んでこられたので、経年していつつも、状態の良い建物です。


大掛かりに手を入れるスケルトンリフォームではなく、
少し心配があったところと、ご夫婦の生活にとって必要なところを、
手を入れるリフォームを、ご相談いただきました。


昭和の懐かしい雰囲気を残しながら、床を無垢にしたり、
窓を断熱性能の高いものにしたり、といったリフォームをさせて頂いています。

e0131906_16355726.jpg



昨日は、お客様と現場でお打ち合わせでした。

「窓が大きくなって明るくて嬉しいです♪」

e0131906_16535536.jpg


(屋根も、日の入るものに交換しました)

「床が無垢に!」「新しいガスコンロ!!」

と、出来上がっていく様子を、ひとつひとつ喜んで下さる、
とってもチャーミングな奥様と、

そんな奥様をニコニコの笑顔で見つめる素敵なご主人様。



幸い地震の影響を大きく受けることなく、現場をすすめることが
出来ています。

引き続き、お二人の住まいを、大切にお預かりをさせて頂きます。
[PR]

by reform_house2 | 2011-04-03 17:06 | 工事中のお宅