<   2010年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧   

戸建住宅のクローゼット造作工事2   

こんにちはコーディネーターの千葉です。
先日ご紹介をさせて頂きましたクロゼット造作工事の続きです。

S様は沢山あるクロスの中から塗り壁調のホワイトとオレンジをお選びになりました。
籐の家具をお持ちですので、その籐にあうクロスということで南欧風のイメージとしてご提案をさせて頂きまして、気に入っていただけこちらで決定しました。

この塗り壁調のクロス、『ステップ柄あわせ』
というのが必要で貼るのに少し手間がかかるそうなんです。
右と左の柄を合わせるのはもちろん、少しずらして合わせていかなければならないようで、
クロス屋さんがぴったり合うように慎重に慎重に貼ってくれました。

そして完成!もちの籐の家具に合うあたたかい空間になりました。

e0131906_10555111.jpg


S様も『大満足です』と喜んでくださり本当に良かったです。

e0131906_1056647.jpg


大きなクローゼットの荷物の整理をして頂き、お部屋を一つ開けていただくのは
本当に大変だった事と思います。

ありがとうございました。
[PR]

by reform_house2 | 2010-04-25 10:49

戸建住宅のクローゼット造作工事1   

こんにちはコーディネーターの千葉です。

以前リフォームをさせて頂きましたT様よりご紹介を頂きまして今回リフォームの工事をさせて頂きました戸建住宅の収納改修工事が完成しました。
もともとは半分がクローゼットでその隣にタンスを置かれてお使いだったスペースを天井までの壁一面のクローゼットにさせて頂きました。

こちらのお宅の天井が斜め天井となっていまして、クローゼットを造る壁の高さが2m80cmもあります。以前は天井までの収納ではなく、一般的のクローゼットの高さ(2m)でした。

e0131906_1043336.jpg


この高さをうまく収納として使われたいとのことで天井までの大容量の収納に変身です!

以前のクローゼットは奥行が48cm弱しかなかったので、ご主人様のジャケットやコートをしまう事ができなかったそうです。

e0131906_10433352.jpg


今回は奥行60cmのクローゼットになりましたので、ご主人様のお洋服も仕舞っていただけるようになりました。

中の収納は奥様と綿密なお打合せをさせて頂き、どこにどのような物をどの位収納されるか、また奥様の身長などをお聞きし、奥様がお使いやすいよう設計いたしました。
もともとお持ちの小さなタンスが入るように、またファブリックボックスが2個並んでは入るような寸法にしています。

e0131906_1043531.jpg

 
左が若干開いているのは扉の枠が数センチ出てきてしまうので、その枠に引出しが当たらないようにした為です!

真ん中はハンガーパイプを2段にしてより多くのお洋服をかけられるように致しました。
クロゼットに向かって左側はロングコートなどをかけていただくように1段パイプにしています。

e0131906_10441387.jpg


こちらのクローゼットの扉は下は三協立山アルミ製の既成サイズで上は特注で作ってもらいました。
その扉がぴったり綺麗に収まるかどうか心配していましたが、そこは塩谷と石田大工の腕の見せ所!
本当に綺麗に収まりました!本当にすごい!
完成したところを下から眺めて思わずうっとりしてしまいました。

収納が無事に完成すると仕上げのクロスです。
S様がお選びになったのは塗り壁調のアイボリーと少し濃い目のオレンジです。
オレンジをアクセントクロスに致します。
またご報告いたします。
[PR]

by reform_house2 | 2010-04-24 10:48

ニッチが欲しい!   

こんにちは、コーディネーターの薄井です。

店舗併用住宅のスケルトンリフォーム、そろそろ、大工さんの工事が終わりに近づいています。



お客様のご要望の中で、特に女性の方から良く頂くご要望が、「ニッチ」です。

e0131906_13334764.jpg


壁の厚みを利用してお作りする、小さな飾り棚です。


お引越し後は、ほら、こんな風に♪

e0131906_13371746.jpg


お正月の小物を、可愛く飾っていらっしゃいました。
玄関にあるニッチですので、お家にお邪魔したときや失礼するとき、ホッと心が和みます。




こちらのお客様も、ニッチをご希望です。

デザインは?大きさは?高さは?何個つくる?

全部自由にできますので、ご相談をするのも、楽しいです。

トイレや寝室に、作らせていただくことになりました。

e0131906_13394188.jpg


大工さんが、現場でニッチ用の穴を開けていました。


完成したら、可愛い小物を飾ってお使いいただけるでしょう。

この度のリフォームは、耐震スケルトンリフォームですので、構造や躯体のこと、ハードな部分を最も重要視して、計画・工事を行っています。

それは、一番大切なことですので、クリアした上で、
でも、こんなちょっとした楽しい工夫も、あると嬉しいですよね!
[PR]

by reform_house2 | 2010-04-18 13:50 | 店舗併用住宅耐震リフォーム