<   2008年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧   

窓の取替工事(1)   

中古住宅の性能を上げるための工事として、開口部(窓・玄関扉)の交換は非常に重要だと考えております。

窓や窓ガラスをリフォームすることで得られる利点をご紹介します。

 【結露】 お困りの声を非常に多くいただきます。
       窓ガラスがびしょびしょに水滴がつき、酷い場合は床までもがぬれてしまいます。
       この現象は、冷たいジュールが入ったコップと同じことがおきてるのです。

       空気には、水蒸気が含まれているため、空気は暖かければ暖かいほど水蒸気を
      たくさん含むことになり、逆に冷たければ水蒸気を含むことのできる量は少なく
      なるのです。
      外の気温が低い冬は、冬の窓ガラスは外気によってとても冷やされています。
      逆に室内は暖房で暖められています。
      室内の暖かい空気が冷えた窓ガラスにぶつかると冷やされ、空気中の水蒸気が
      水滴となって窓ガラスに付着してしまうのが、結露のメカニズムです。
      温度と湿度が非常に密接に関わっています。
 
      室内の水蒸気量を一定とした場合、暖房している部屋よりもしていない部屋のほう
      が、また、日中よりも室内の温度が低い明け方などのほうが、湿度が上昇するので
      結露が発生しやすくなります。部屋の隅や出窓、厚いカーテンで覆われた窓など、
      暖かさが行き渡らない場所も要注意です。暖房機器の種類、加湿器の使用、空調な
      どの条件による、室内水蒸気量の変化も大きく影響します。
   
      そしてこの結露が、室内のカビの原因にもなります。

 【防止策】
      色々な方法が考えられますが、サッシを取り替えることが出来るのであれば外気
      の影響を受けにくい、断熱サッシやペアガラス、 真空ガラスのサッシに変えることを
      お勧めします。
      もちろん室内の湿度を下げることも効果的です。
      たとえば調湿性能のある、塗り壁や無垢のフローリングなどを使えばある程度は軽減
      されるでしょう。


リフォーム 東京
             
[PR]

by reform_house2 | 2008-08-10 13:28 | 住宅の性能