<   2008年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧   

床下の調湿   

床下の湿気は、建物にとって大敵です。
20年以上前の建物ですと、布基礎で施工されていることが多く、土部分の湿気に影響されてしまいます。

それぞれの土地や建物の条件によって、床下の状態も異なります。

湿気を防ぐために、防湿のコンクリートを土の部分に流し込む場合もございますが、こちらのお宅では、防湿のシートを敷いた上に調湿材であるゼオライトを敷き詰めました。

e0131906_2054957.jpg


ゼオライトとは、火山岩が凝固してできた鉱物です、特徴は大きく分けて下記の特長があります。

  「吸着機能」・・・防臭、除湿、アンモニアガス吸着、リン除去、窒素除去
  「イオン交換機能」・・・硬水の軟水化

e0131906_2075455.jpg


建材では、調湿材として使われおり、半永久の効果があります。

他にも炭をしくこともあるようですが、当社では費用対効果を考えますと、ゼオライトをお勧めいたしております。



リフォーム 事例
[PR]

by reform_house2 | 2008-03-19 20:10 | スケルトンリフォーム

要注意箇所   

全ての部屋内の壁が、取り払われ現況の把握とチャック作業に掛かります。

e0131906_19382881.jpg


以前の雨漏りの後など、記録のように下地には残っています。
こちらのお宅は、屋根の葺き替えも行わせていただきますので、心配はないのですが、一度濡れてしまったと予想される箇所は、特に入念に木材の腐れがないかを確認します。

e0131906_19381092.jpg


最近は、ユニットバスの普及により浴室下の水漏れの心配は、少なくなりましたが、昔の工法で造った浴室は、経年すると水漏れが多々ございます。
お風呂のあった箇所も入念にチェックです。
こちらのお宅も、以前のリフォームでユニットバスにする際に、土台の大引きに腐れがあったでしょう、取り替えた形跡がありました。

木材の腐れは、シロアリの原因ともなりますので家にとっては非常に大切なところです。

当社では、毒性の強い防蟻材を塗ることはせず、蟻の嫌う材木、ヒバ、ヒノキなどを使い改修いたします。



デザイン リフォーム
[PR]

by reform_house2 | 2008-03-17 19:53 | スケルトンリフォーム

見えないところが大切。   

中古住宅をご購入された、こちらのお施主様は、ご自身で購入された家を、今回の大規模 リフォームをするにあたり、内部の構造や、状態を把握し、最善な方法で施工されたいと、とてもはっきりとしたご要望をおもちでした。

建物の寿命を延ばし、性能をあげるには、見えない部分に適した補修処置を施す事が大切な作業です。

まずは、現状の把握です、建物の状態を外から見て、建築士や大工の経験から想像できることはございます、梁組みなどは、ほぼ想像通りのことが多いのですが、木材の腐れなどの劣化の程度などは、実際に確認しないとわかりません。


e0131906_8433644.jpg


まずは、建物を裸にして、確認の作業です、お施主様にもこの状態を確認していただきます。

その上で、必要と思われるところをご提案させていただき、ご納得いただいた上で、壊すことから造ることへの工事スタートです。

e0131906_8431116.jpg


このお施主様は、本当に何度も現場に足をお運びいただき現場での確認の作業をしてくださいました。




中古住宅 リフォーム
[PR]

by reform_house2 | 2008-03-14 08:58 | スケルトンリフォーム

ご挨拶。   

e0131906_14582916.jpg


今日から新しいブログのスタートです。
私は、株式会社エコリフォームの代表をしております塩谷理枝と申します。

工務店に嫁いで早や20年、建築のことなど何もわからなかった私が、棟梁である義父、一級建築士の主人、協力業者さん、そして何よりもお客様から沢山のことを学ばせていただき、4年前に女性だけのリフォーム会社 『エコリフォーム』 を立ち上げました。

命を守るための家造り、毎日暮らす空間の大切さをいつも心に置き、この仕事に取り組んで参りました。

私達は、スピーディーに沢山の工事をこなしていくというスタイルではなく、お一人お一人のお客様にじっくり関わらせていただき、その方にとっての最善のプランをご提供していただくことを一番に心がけております。

このブログの題名にもなっていますが、バックボーンが工務店のリフォーム会社ということもあり、耐震を考えた木造中古住宅のリフォームのご依頼をいただくことが多くございます。

今お住まいの家を、そして中古の家を買われリフォームされるなどご事情は様々ですが、木造戸建住宅リフォームの施工させていただいたこれまでの経験を活かし、情報やお客様からの声を伝えいきたいと思います。

事例もまじえ、住宅のことでお悩みの方やリフォームをお考えの方のお役にたてるようしっかりとした情報を発信してまいります。

今後とも宜しくお願い申し上げます。




リフォーム 東京
[PR]

by reform_house2 | 2008-03-05 18:46 | エコリフォーム社のおもい