「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:耐震( 17 )   

1階に駐車場のある木造住宅の耐震補強   

こんにちは。
コーディネーターの清水です。

先月、1階に駐車場がある木造3階建て住宅の耐震工事をさせていただきました。

弊社のホームページの「1階に駐車場のある木造3階建て住宅の耐震補強」の事例を見て
お問い合わせをいただいたY様邸です。

まずは状況を見せいていただくため、お宅に伺うと
事例の建物と同じように1階の駐車場部分に問題点が見受けられました。

大きめの車を駐車できるようにするためなのか
事例と同じように、本来であれば上階と真っ直ぐ繋がっていなくてはならない
1階駐車場の壁が 外側にずれています。
e0131906_1759429.jpg

駐車スペースとして大きな空洞を設けることで、
建物の荷重を支える1階部分の壁量が少なくなっていることも気になりますが
1階の壁の位置がずれていては、上階の荷重をうまく伝えることができなくなり、
構造的に弱い部分が出てきてしまいます。

Y様邸の駐車スペースは案外間口が広めなので、
わざわざ壁の位置をずらす必要もないように思われましたが
狭い都内では、このような構造の3階建ての木造住宅は本当に多いですね。

Y様のお宅では東日本大震災の際もとても揺れが大きく感じられたそうです。
その後も3階では震度1程度の地震でも体感震度は3と、実際よりも大きく感じられ
とても不安な気持ちで住まわれていたとのこと。

この度弊社のホームページを見つけてくださり、ご縁があって工事をさせていただきました。
詳しい工事の様子はホームページにて事例として紹介させていただきます。
記事が出来ましたらこちらのブログでもお知らせさせていただきますね。
[PR]

by reform_house2 | 2013-05-31 18:17 | 耐震

地震の後に   

こんにちは、コーディネーターの清水です。

昨日の地震は大きかったですね。
うちの事務所では緊急避難袋を各社員のデスク横に準備されているのですが、
昨日はそれを抱えて表まで逃げかけました。
幸いその時点で揺れは収まり事務所に戻りましたが、
昨日の揺れには久しぶりに焦りました・・・
e0131906_1594711.jpg


ちょっと大きな地震があると、自分が住んでいる建物の耐震力は大丈夫かと不安になったりしますよね。
そこで今日は耐震診断の話題を少し。

建物を建てる基準となる建築基準法は昭和56年に大きく改正されています。
それ以前は建築基準法において耐震の規定がほとんどなされていませんでした。
そのため、昭和56年以前に建てられた建物は現在の耐震基準に照らしあわしてみると
地震に対する耐力が不足していて、地震の際に倒壊する可能性があったり、
なんらかの補強を要する建物である場合も多いのです。

建物の耐震化を促進することが町の安全を守る各自治体の課題でもあります。
耐震診断を受ける方が、信頼のおける専門的な知識と経験のある技術者から
より正確な診断を受けられるよう、各都道府県が建築士などの有資格者を対象に木造耐震診断士を育成し、
認定された木造耐震診断士が所属する事務所を名簿登録して一般に公開しています。

私どもの姉妹会社も今年、東京都の木造耐震診断事務所に登録されました。
e0131906_15101241.jpg


お住まいの木造住宅の耐震力についてご心配な方はお気軽にご相談くださいね。

耐震診断についての詳しい内容はこちらをご覧ください。
[PR]

by reform_house2 | 2012-12-08 15:23 | 耐震

リフォームで性能UP   

先日ご紹介した江東区のS様邸のご報告です。

8年前にリフォームを私共でご依頼いただき、
今回性能UPさせたいということで以下の工事のご依頼を
頂いていました。

耐震補強工事
②屋根交換工事
③屋根工事に伴いトップライト設置工事
④ロフト造作工事
⑤雨戸新規作成
⑥網戸設置工事

前回まで①~④の工事をご紹介しましたが、
本日は⑤⑥の工事をご報告します。

築60年近いお宅をこの度リフォームさせて
頂きまして、
S様は正面の木の窓がとってもお気に入りで、
8年前の工事の際は、この窓を残す事をご希望でした。

e0131906_20452182.jpg


でも8年暮らしてみると、
やはり現在の金属のサッシに比べて、寒い。
ということで、今回雨戸を新しく断熱仕様の雨戸に
新調されました。

今までの断熱性能のない雨戸は処分し、
断熱性の高いDanパネル雨戸です。

e0131906_20455521.jpg


雨戸の中に断熱材が入っていて、
室内外の熱を伝えません。

今では作ることが難しくなった風情のある
木の窓を、何とかして残したい。
と考え、雨戸で断熱する事にしました。

今は夏ですが、このリフォーム工事中に、
冬の対策もばっちりです。

そして、この窓には前から網戸がありませんでした。
その為、夏はこの窓を開けたいところでしたが、
虫が入ってきてしまうので、あけていなかったそうです。

建物に向かって両サイドにお家が隣接している為、
風はこの窓が一番通ります。

その為、今回のリフォーム工事で
アコーディオン型の格納できる網戸を設置しました。

こんな感じです。

e0131906_2046538.jpg


S様の愛猫、こじろうくんも新しい網戸に興味深々です。

e0131906_20463017.jpg


これで、夏冬装備完璧です。

耐震性能UP
収納力UP
快適性UP
断熱性UP
通気性UP

8年間暮らされてきたからこその、
家の性格を知り尽くした方のリフォームだな~
とつくづく感心してしまいました。

S様すごいです。

住まいながらのリフォームで、
大変だったことと思います。

ご協力頂きましてありがとうございました。
[PR]

by reform_house2 | 2012-06-24 20:49 | 耐震

江東区の耐震補強工事完成   

こんにちは、コーディネーターの千葉です。

先日ご紹介させていただきました、
江東区の耐震補強工事のS様邸の工事の続きです。

耐震補強工事とあわせて、
屋根の瓦をおろし、トップライトを設置しました。

内部は天井をあけて、
トップライトをつけた反対側はロフトにして、
収納力をUPさせました。

e0131906_2050543.jpg



クロスは、真っ白なシンプルなクロスを選ばれています。

天井がとっても明るくなり、
以前は隣地がくっついているので、
窓からの光はあまり見込めず、日中も暗いお部屋でしたが、
くもりの日でもこれだけ光が入ってきます。

e0131906_20512846.jpg



そして端っこの三角部分は、
火打ちと呼ばれる水平力に抵抗する部材が入っていたので、
そこを囲い、クロスで仕上げました。

e0131906_2123169.jpg


この部材を取り除いてしまうと、水平力に対する力が落ちてしまいます。

8年前にリフォームをさせて頂いたお宅でしたので、
天井を壊さなくても、大体どの位置に梁が入っていて、
どのあたりに天窓を設置できるか、工事前に見当をつけることができました。

この天窓はベルックス製の天窓で
ソーラーバッテリーが組み込まれていて、
夏の強い日差しの時には下のリモコンをつかって
ブラインドを開け閉めする事ができる優れものです。

e0131906_2056855.jpg


ソーラーバッテリーなので、
本体は電池の入れ替えが必要ありませんし、
電源を確保する事もいりません。
(リモコンは電池式なので、電池交換の必要があります。)

そして、前回ご紹介したとおり、
8年前にゆくゆくはこの天窓をつける計画でしたので、
2階の床を光を通す床にしてありました。

その床を通って1階まで光が届きます。

e0131906_2102013.jpg


これは階段から見た天窓ですが、
曇りの日でもこれだけ明るいのです。

e0131906_2101355.jpg


S様も、とても明るくなったと喜んで下さいました。

S様は計画的に、お家をメンテナンスされています。

その他に、夏の暑さ対策で、
網戸を設置し通風を確保し、
冬の寒さの為に断熱雨戸を設置されました。

まさにグレードアップ工事です!

こちらの工事はまた後日ご報告いたします。
[PR]

by reform_house2 | 2012-06-15 21:05 | 耐震

江東区の耐震補強工事   

こんにちは、
コーディネーターの千葉です。

先日ご紹介させていただきました
江東区の耐震補強工事が進んでいます。

1階が駐車場だったので、
その部分を耐震補強し、屋根を瓦から軽い屋根
シングル屋根に交換しました。

江東区にお住まいのS様。
お隣とお家がくっついているので、
建物に向かって、左右両方に窓がありません
そこで今回のリフォームで天窓を設置する工事を
させて頂きました。
その工事をご紹介します。

8年前の工事で、ゆくゆくは天窓を設置して、
1階のリビングまで光を通す計画でしたので、
2階の床部分を光を通す素材にしておりました。

グレーチングと呼ばれる小さな四角の格子のような素材を
床にはめ込み、その上にポリカーボネートを
乗せました。

e0131906_17404040.jpg


8年前でしたが、今でも綺麗です。
その真上にトップライト(天窓)をつける
リフォームの始まりです。

耐震の工事もあわせて行っていたので、
屋根の瓦をおろして軽い屋根に変更です。

それと同時に天窓設置の工事のご依頼を頂きました。


まずは古いかわらをおろします。

e0131906_1741987.jpg


それと同時に大工が屋根に窓を設置する
為に屋根をくりぬきます。

e0131906_17414265.jpg


e0131906_17421667.jpg


天窓を設置したあとに、
防水シートを貼って屋根を施工して屋根の工事は
完了です。



次回は内部の様子をご紹介します。
[PR]

by reform_house2 | 2012-06-11 20:34 | 耐震

江東区の耐震補強工事   

こんにちは、コーディネーターの千葉です。
現在江東区で耐震補強工事をさせて頂いています。

8年前にスケルトンリフォームをさせて頂いた
お宅で、今回は更に地震に強い家にされたいとのことで
ご相談いただきました。

e0131906_221861.jpg



1階が駐車場なので、耐震補強工事をしました。

e0131906_22191354.jpg


第一期工事では車庫の補強工事で
6月上旬には第2期工事の屋根工事が始まります。

瓦をおろして、軽い屋根に葺き替えます。
それと同時に、トップライトを設置し、
2階から1階まで光を通します。

そのお打合せに先日お邪魔してきました。

その際に、ご主人様と奥様より、
耐震の工事をしてもらってから、
揺れ方が変わったんです!!
効いている感じがします。
とお話下さいました。

風の強い日でも、揺れていたけれど、
今回車庫を補強してもらって、風で揺れなくなりました。
とのお言葉をいただきました。

家は安心できるものでなければなりません。
少しでも安心いして頂きたいと思っています。

6月上旬の屋根工事に向けて準備を進めて参ります。

S様邸のこじろう君です。

e0131906_22195260.jpg


S様どうぞ宜しくお願いします。
[PR]

by reform_house2 | 2012-05-14 22:23 | 耐震

耐震補強リフォームの事例を掲載しました。   

こんにちは、コーディネーターの薄井です。

ゴールデンウィーク中に工事をさせて頂いておりました、
文京区の耐震補強リフォームの様子のご紹介記事が
出来上がりましたので、ご紹介をさせて頂きます。
 
築50年の木造住宅を耐震補強
e0131906_916362.jpg

 

記事の中でも出てきますが、耐震補強工事は、家によって必要な補強が、異なります。

特別な施工不良がある場合や、経年劣化が激しいい場合を除いては、
壁を増やす、筋かいや金物を入れるなどの、基本的な方向性は
同じですが、『どこにどのような補強をするか』という計画が重要ですし、

それがずれていると、期待したほどの効果が得られなくなってしうのだそうです。

 
また、解体して、予想と違ったと言うことはよく起こります。
 
その場その場で、建築士の塩谷が、最適な方法を考えます。


それは、たくさんの木造建築を、見ていなければできないことだと思います。

また、耐震補強については、新しい金物や、補強の基準など、どんどん
進化しているので、正しい目で見て、良いものは取り入れていく、
ということも大切だと思います。

 


また、適切な補強計画をした上で、お客様へのご説明もとても大切なことです。

今がどんな状態で、どういう補強が必要なので、
このようにさせて頂きますね、ということを、
お客様に分かりやすくご説明をさせて頂きます。

家の耐震が心配で、工事を決めたお客様です。

どんな補強をしたのか、説明があることで、
より一層、安心をしていただけるのではないかと思うのです。 


耐震工事の記事なので、ハードな内容が多いのですが、
私たちが、どんな耐震工事をさせて頂いているか、お読み頂けましたら幸いです。
[PR]

by reform_house2 | 2011-06-13 10:20 | 耐震

耐震補強リフォームが完了しました。   

こんにちは、コーディネーターの薄井です。

4月末から、文京区で工事をさせて頂いておりました、
木造住宅の耐震補強工事が、無事完了し、
先日、お引渡しをさせて頂きました。


実働で約10日間の工事中、お客様にはご在宅をお願いし、
朝から夕方まで、工事の音やホコリなどでご負担を
お掛けしてしまいましたが、

完成の際には「これで安心だわ」と、笑顔で仰って下さいました。


 
私どもを、ホームページで探して、お問い合わせを
下さったのはお客様の息子様です。


息子様にも、工事の完了のご報告をメールでさせて
頂いたところ、メッセージを頂きました。

『工事無事に終わったようでありがとうございます。

いろいろと臨機応変にやって頂いてありがとうございました。

これで母もだいぶ安心して暮らしていけると思います。』

お母様に安心して、暮らして頂けるのが、
何より、何よりも、嬉しいことです。

ありがとうございます。


『たまたまインターネットで見つけたエコリフォームさまでしたが

今回お願いできて本当に良かったと思っています。

塩谷さんや他のスタッフの方々にもよろしくお伝え下さい。

また何かありましたら是非よろしくお願いします。』



工事の最後の日、お母様からも、仰って頂きました。

「インターネットの業者さんていうのは、はじめ
とても不安だったのよ、どんな方が、いらっしゃるか
分からないから。」

本当に、そうだと思います。

特に、お母様はインターネットをされないと仰っていたので、
きっと、一番最初に、建築士の塩谷と私で、伺わせて頂いた
時も、緊張なさって、お迎えくださったのだと思います。


「でもね、あなたたちにお願いして良かったわ!」

このような言葉を頂けたことが、私たちにとって一番のご褒美です。

大切なお家の工事をお任せいただきまして、
本当にありがとうございました。



そして、耐震補強は、建物が強くなっていないと意味がありません、
「きれいになってよかった」では済まされない工事です。

お客様には、補強の方法を、工事中の写真を交えた報告書で
細かくご説明をさせて頂いて、資料として保管いただきます。

e0131906_1714827.jpg


また、可能な限り、数値で結果をご報告させて頂くようにしています。


補強については、こちらのブログにて、またご紹介を
させて頂きますね。
[PR]

by reform_house2 | 2011-05-14 17:17 | 耐震

着工中の木造住宅耐震リフォーム⑥   

こんにちは、コーディネーターの薄井です。

今日は、ゴールデンウィークも最後の日曜日、
いいお天気の休日になりましたね。

文京区で進んでおります、木造住宅の耐震補強工事、
今日は工事がお休みですが、昨日の工事の様子をお伝えします。


倉庫の壁のうち、出入り口がある面には、
大きな出入り口+窓があります。

e0131906_15294168.jpg


壁がほとんど無いため、この面が弱いので、強度を持たせるため、
当初、窓を塞いで、壁にする工事を予定していました。

そのためには、室内側から工事をする必要がありましたが、
窓の前に置いてある機械が、重量があり、動かすことが
出来ないことが分かりました。

e0131906_15323159.jpg


借主さんも、何とか動かそうと、ご協力下さったのですが、
動かすことが出来ませんでした。

壁と機械の間に、人が入れないと、作業は出来ませんので、
計画を変更し、外からの補強をさせて頂くことになりました。

e0131906_15334781.jpg


使用したのは、GDブレースという、外付けタイプの筋交い金物です。

e0131906_15352276.jpg


この金物を取り付けることで、壁強さ倍率2.44kN/mの耐力を
持たせることができます。

これは、7.5mm以上の厚さの構造用合板で耐力壁を作った場合の壁倍率より
少し劣る程度の強さです。

開口があっても、開口を無くした場合に近い数値の耐力壁を作ることが
出来るんだそうです。


GDブレースとよく似ているもので、コボットという金物を、
エコリフォームではしばしば使用しています。

(↓こちらです)

e0131906_15465288.jpg


コボットは、壁の内部に施工をしますので、
窓を閉じないために使うならば、室内側から
壁を解体して取り付けをする必要がありますが、

GDブレースは、外部から取り付けることが出来るのが
違うところです。

沢山の金物の中から、エコリフォームの現場を監理しております
建築士の塩谷が、強度・施工性・金額・見た目などに応じて、
その場その場に適切なものを、選んでご提案を致します。

e0131906_15521771.jpg


こうやって、色々考えている時の塩谷は、とても楽しそうです。

非常に専門的で、難しい内容ですので、私などは教えてもらっても
細かいところまでは理解できないのですが、好きなんでしょうね~!!


明日・明後日で、工事は完了予定です。
火曜日が、雨のようなので、外の作業が少し心配です。

また、ご紹介をさせて頂きますね。
[PR]

by reform_house2 | 2011-05-08 15:55 | 耐震

着工中の木造住宅耐震リフォーム⑤   

こんにちは、コーディネーターの薄井です。

文京区で進んでおります耐震補強工事、今日も引き続き洋室の工事が進んでいます。


今日は、工事中、誤って工具で水道管を傷つけてしまい、
お客様にはご心配をお掛けしてしまいました。

e0131906_213347.jpg


お昼の支度の時間にお水が使えず、ご迷惑をお掛けしてしまいましたが、

伺ってお詫びをしましたら、「大丈夫よ、そんな大したことじゃないわ。」と、
仰って下さいました。

その上、帰りにはお手製の焼き菓子まで持たせて下さって。。。

ご迷惑をお掛けしてしまいましたのに、本当にありがたいことです。



今日の工事の様子です。

窓のところ、地震の揺れを吸収してくれる金物をつけたあとは、
壁の中に、断熱材を入れて、

e0131906_21161310.jpg


閉じます。

e0131906_21162980.jpg


後で、壁紙の工事が入ります。



玄関の横は、構造が予想と違っていました。

現状から、最適と考えられる補強を、改めてご提案させて頂きます。

e0131906_21183582.jpg


e0131906_21203364.jpg


e0131906_21204888.jpg



息子さんにも変更をお伝えすると、

「諸々変更等あったようですが信頼してお任せしていますので
いいようにして下さい。よろしくお願いします。」と、息子さんより
メッセージを頂きました。ありがとうございます。


あと数日で、補強工事が終わります。

引き続き、よく気をつけて、工事をさせて頂きます!
[PR]

by reform_house2 | 2011-05-06 21:34 | 耐震