「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:スケルトンリフォーム( 38 )   

都内のコンパクトスケルトンリフォーム   

こんにちは、コーディネーターの千葉です。

更新がだいぶ久しぶりとなってしまいました。
気付くともう暮れですね。。。

その間にも、沢山工事してさせて頂き、
先日、コンパクトなスケルトンリフォームが完成致しました。

耐震セミナーにご参加頂いたお客様より、耐震補強のご依頼を頂き、
9月末に着工した現場です。

耐震のリフォームですので、まずは現状を把握する事からです。
解体をして、悪いところがあれば改善します。

こちらの建物は築30年と私共でリフォームさせて頂くお宅の中では
新しい建物ですし、ずっと建物のメンテナンスをされて手を入れてこられたので、
とても良い状態でしたが、現在のスペックに近づける為に、
リフォームさせて頂く事になりました。


解体した時の様子です。
e0131906_1821139.jpg


e0131906_18213979.jpg


強度の足りない壁や、断熱材が不十分なところは、
改善していきます。

特にロフト部分は、屋根の熱の影響で
夏場はとても暑くなり、いられないほどだったそうです。

その為、特殊な断熱材を入れエアコンも新たに設置しました。

断熱材を入れた様子です。
e0131906_10513833.jpg


1階の耐震、断熱をしっかり施し、
内装も現在のご生活に合わせて収納を造りつけに致しました。

自然素材をふんだん使ったナチュラルで
明るいリビングに生まれ変わりましたよ~

e0131906_10515534.jpg


ロフトも広さは変わりませんが、
暑い寒いを改善し、コルクタイルを敷きました。

e0131906_10524039.jpg


約1k月半の工事でしたが、N様にはご不便をお掛けしました。
喜んで頂けて良かったです。

N様今後ともどうぞ宜しくお願いします。


・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。

ブログランキングに参加しています!よろしければ応援お願い致します。



ありがとうございます!

[PR]

by reform_house2 | 2014-11-30 10:56 | スケルトンリフォーム

完成しました!   

こんにちは、コーディネーターの千葉です。

気付けば3月も後半、あっという間に3ヶ月過ぎています。

年が明けたと思ったらあっと間にゴールデンウィークの話題が出る季節と
なりました。


こちらのブログでご紹介していました、
中央区のスケルトンリフォームは2月末に完工しました。


工事途中をご紹介する予定でしたが、
気付いたらもう、完成で、
着工報告から直ぐに完成報告で申し訳ございせん・・・。


でも見違えるようになりましたよ。

築80年近い木造建築物を、
新築と同じようなスペックにもっていく、住宅再生です。

耐震補強も施し、評点を区役所の助成がでる1.0以上にUPしました。
区の方の検査も無事クリアです。

e0131906_9502299.jpg


以前中央区でリフォームをさせて頂いたお客様は、
出来る限り、昔の雰囲気を残したままにしたいというご要望でしたが、
(昔の雰囲気を残した中央区のスケルトンリフォームの事例)

今回のK様邸は、戦後から、一気に現代の建物に!
シンプルでモダンな建物になりました。

ビフォーアフターでご覧頂きます。
こちらがビフォー

e0131906_9515117.jpg


アフターはこちらです↓

e0131906_9522327.jpg




外観も、同じ建物とは思えない程です。

お隣とくっついている長屋タイプの建物なので、新築ができません。
ご近所の皆様それを知っているので、
『新築?じゃないわよね~。リフォームよね~』と不思議そう。

もうお引越しも済み、仮住まいから戻ってこられて
こちらでお暮らしです!

前の建物も風情があって素敵でしたが、
洋風へと変わったお住まいをとても気に入って下さいました。

良かったです。

次々と現場がはじまっています。

またご紹介しますね!


・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。

ブログランキングに参加しています!よろしければ応援お願い致します。



ありがとうございます!

[PR]

by reform_house2 | 2014-03-22 09:57 | スケルトンリフォーム

江戸川区のスケルトンリフォーム・・・完成   

ゴールデンウィークが始まりましたね。
今日はお天気もよくお出かけ日和だったのではないですか?
エコリフォームのある門前仲町も今日は大変賑わっています。

さて、江戸川区のスケルトンリフォームですが
先週末無事お引渡しさせていただきました。
ではリフォームの全貌をご紹介しましょう。

外観はこのように変わりました。
Before
e0131906_17541080.jpg

After
e0131906_17521065.jpg

今回のリフォームでは前面道路に面した外壁のみを新しくさせていただきましたが
バルコニーもつき印象派ずいぶん変わったのではないでしょうか。

ご商売をされていた関係で居住スペースは主に2階だったK様邸。
今回のリフォームでは1階にお母様の居住空間を、
2階はご結婚される息子さんの新生活空間としてエリア分けしています。

こちらが1階のお母様居住スペース。
e0131906_18004.jpg

LDKスペースとつながった寝室コーナー。
e0131906_1814051.jpg

ウォークインクローゼットも備えられています。
e0131906_1804531.jpg


洗面脱衣室と浴室は1階に設け、2世帯共用でお使いいただきます。
e0131906_18487.jpg

洗面化粧台はオリジナルを造作しています。
e0131906_1834283.jpg

こちらは階段下を利用した洗濯コーナー
e0131906_18184555.jpg

洗濯コーナーと洗面脱衣室を分けたことで、洗面所が混み合う可能性を減らせます。

2階のLDKはこちら。
e0131906_188345.jpg

キッチンの上部には高い天井高を活かしてロフトが設けられています。
e0131906_18102472.jpg


猫ちゃんも楽しく過ごすことが目的である今回のリフォーム。
キャットウォークはK様と打合せ、猫ちゃんの行動を予測しながら位置を決め取り付けました。
e0131906_18144164.jpg


御契約をいただいてから丁度3ヶ月、工事は約2ヶ月でした。
K様には工事中弊社で管理しているマンションに仮住まいしていただいておりました。

リフォームが終わってご自宅に戻られた初めての週末、
早速K様は大きくなったお風呂を満喫されたそうです。
これから新しくなった我が家を十分満喫していただきたいです。

お引渡し時にK様に「自分の見る目に狂いがなかった」とおっしゃっていただきました。
何よりのお言葉です。
K様ありがとうございました。
[PR]

by reform_house2 | 2013-04-28 20:00 | スケルトンリフォーム

江戸川区のスケルトンリフォーム・・・その7   

こんにちは、コーディネーターの清水です。

気が付けば、4月も後半にさしかかってきましたね。
今年の4月は気温が上がったり下がったりと体調管理が大変ですね。
早く安定してもらいたいものです。

さて、江戸川区のスケルトンリフォームは仕上げ工事に入っています。

まずは足場がとれた外観から見ていただきましょう。
e0131906_1711479.jpg

こちらがリフォーム前の外観です。
e0131906_17102278.jpg

リフォーム前とすっかり変わった外観に道行く方たちも見惚れているようです。
先日もK様と建物前でお打合せを行っていたときに通りがかったご夫婦が
「素敵になったわね」とお話しされながら通過されました。
それを聞いてK様も私もニンマリ。
「中も是非見せてあげたいわ」とK様。

足場が外れたところでバルコニーも施工されました。
e0131906_17121982.jpg

K様念願のバルコニーです、こちらも大変喜んでくださっています。
桜並木にもぐっと近くなって、バルコニーからの花見も楽しみだとおっしゃっていました。

内部では新しい階段も施工完了しました。
e0131906_17144671.jpg
以前の階段よりも幅も広くなりました。

階段下の空間も有効活用で、一部を猫ちゃんのトイレコーナーとしています。
臭い対策のため、調湿消臭機能のあるバウビオを下地に施工しました。
e0131906_17162899.jpg


K様邸の今回のリフォームの目的のひとつは猫ちゃんが快適に暮らせることです。
こちらの窓台は少し幅広くして猫ちゃんが座って外を眺められるようになっています。
e0131906_17282424.jpg

猫ちゃんは外を眺めるのが好きなんだそうです。

プロのコーディネーターといえども残念ながら全てに精通しているわけではありません。
お客様に教えていただくこともたくさんあります。
今回のリフォームでK様には猫ちゃんの習性をたくさん教えていただきました。
K様ありがとうございました。

次回は完成の頃をお伝えします。
リフォームの全貌をお楽しみに!
[PR]

by reform_house2 | 2013-04-20 19:58 | スケルトンリフォーム

江戸川区のスケルトンリフォーム・・・その6   

東京はすっかり桜も散ってしまいましたね。
気温もだんだん安定してきて春本番はこれからです。

さて、江戸川区のスケルトンリフォーム。
今回は外部の工事の様子をお伝えします。

K様邸では玄関部分を増築しました。
こちらは工事途中の様子
e0131906_1974320.jpg


新しい玄関にはこのような縦長の窓もつきました。
e0131906_1984854.jpg
この細長いまどは開閉もできますので、玄関を閉めたまま通風できるんです。

そして玄関部分の屋根工事も行われました。
e0131906_19145698.jpg
こちらはガルバリウム鋼板という素材の耐久性があって軽い屋根です。
屋根材についてもっとお知りになりたい方はこちらをどうぞ。

新しくなった玄関です。
e0131906_19213674.jpg


増築部分が完成したので続いて左官工事も行われました。
e0131906_19235015.jpg

K様邸の外壁はALC板というもので板と板の間に目地が出ていたのですが
今回のリフォームで外壁は塗装してきれいにするので、左官工事で目地もきれいにつぶしてもらいました。

塗装後の写真はこちらです。
e0131906_19271829.jpg

遠目で分かりづらいですが、とてもきれいに仕上がっています。
左官屋さん、塗装屋さんの協力で仕上がった外壁です。

K様にもいい色になったと喜んでいただいています。

K様邸の工事ももうすぐ大工工事が終わって内装工事に入ります。
またお伝えしますね。
[PR]

by reform_house2 | 2013-04-09 12:00 | スケルトンリフォーム

江戸川区のスケルトンリフォーム・・・その5   

明日から4月だというのに冬に逆戻りした寒さですね。
風邪をひかないように体調管理をしっかりしないといけませんね。

さて、江戸川区のスケルトンリフォームは順調に進んでいます。

先日はキッチン工事が行われました。
ショールームでお打合せしたタカラスタンダードの新商品エマージュというシリーズです。

K様邸は2世帯同居ですので、1階2階にキッチンを施工しました。

ホーローのキッチンパネルを貼り、レンジフードを取り付けたところです。
e0131906_213921100.jpg


キッチン施工業者さんがキャビネット内部の施工をしているところです。
e0131906_21393872.jpg


2階息子さん世帯はこちら。キズがつかないようカバーをしているので少し分かりづらいでしょうか・・・
e0131906_21395959.jpg
この対面式のキッチンから通りの桜が見えるんですよ。
キッチン前に立つのが楽しくなりますね。

1階の親世帯はこちらです。
コンパクトな奥行き60cmタイプのキッチンです。
1階2階ともお色味はほとんど同じものを選ばれています。
e0131906_21401467.jpg

お母様の夢だった対面キッチンで、カウンターをキッチンの裏側に取り付け
簡単な食事ができるようになっています。

まだ工事途中ですが、夢が叶うわ!ととても喜んでいただいています。
そうおっしゃっていただけると私共もとても嬉しく、もっと喜んでいただこう!
期待を裏切らないよう頑張らなくては!と気持ちを引き締めます。

K様邸のリフォーム工事はまだまだ続きます。
またご報告しますね。
[PR]

by reform_house2 | 2013-03-31 22:03 | スケルトンリフォーム

江戸川区のスケルトンリフォーム・・・その4   

3月も後半に入ってからあっという間に桜が咲いて、もう散り始めていますね。

江戸川区のリフォーム現場近くの桜並木もとてもきれいでしたよ。
e0131906_167119.jpg

K様邸では窓も大きくなったので、来年からはお部屋の中からお花見を楽しんでもらえることと思います。

さて、リフォームの様子をお伝えします。

断熱材で包まれたK様邸。
さらに遮熱シートで覆い、建物の暑さ寒さ対策を施しました。
こちらがラミパック 酒井化学さんの製品です。
e0131906_1613499.jpg
弊社ではお馴染みの材料になってきました。

施工した様子はこちら
e0131906_1643818.jpg
こちらの写真では天井のみですが、このあと外壁回りも覆いました。

間仕切りも徐々にできてきました。
この壁にはシステムキッチンが施工されます。
e0131906_169817.jpg
間仕切りができてくるとお部屋らしくなってきます。

床には無垢のフローリングを貼っています。
e0131906_166265.jpg

弊社では無垢材のオイル仕上げをオススメすることが多いのですが
今回K様のお宅では、猫ちゃんが4匹いますので、
汚れがつきにくくお手入れしやすいウレタン塗装のフローリングを採用していただきました。

オイル仕上げのものに比べると少し無垢の特性である調湿性能などはおちますが
ペットなどを飼育されていて床が汚れやすいお宅で
どうしても無垢のフローリングにされたいという場合は
ウレタン塗装仕上げがオススメです。

それでは、またご報告します。
[PR]

by reform_house2 | 2013-03-28 21:00 | スケルトンリフォーム

江戸川区のスケルトンリフォーム・・・・・・その3   

寒暖の差が激しい日が続いていましたね。
来週は暖かい陽気が続くようですよ。
暑さ寒さも彼岸まで・・・・本当にそうですね。

さて、江戸川区のスケルトンリフォーム、こちらも進んでおります。

K様のお宅は天井高が一般のお宅よりも高めです。
その天井高を活かして、2階にはロフト空間を設けることになっています。

このロフト空間は4匹いる猫ちゃんたちの格好の遊び場になること間違いなし。
もちろん収納場所としてもお使いいただけます。
こちらがそのロフト空間を支える梁組みです。

e0131906_18432134.jpg


e0131906_18413183.jpg


今回のK様ご家族のリフォームへのご要望の中には
「猫ちゃんも楽しく暮らせる家」というものがありました。
猫ちゃんが楽しく暮らせるよう、他にもキャットウォークなどが計画されています。
完成をご期待ください。

工事の話に戻ります。

上の写真にも白いものが天井に写っていますが、パーフェクトバリアという断熱材です。
エコリフォームではお馴染みの断熱材です。
この材を外壁回りの壁にも施工します。

1階床には断熱材フクフォームecoが使われています。
e0131906_197232.jpg


K様邸には断熱材などが入っておらず、夏はとても暑く、冬は外にいるように寒かったそうです。
今回のリフォームではしっかりと断熱材、そして遮熱材を施し快適なお家にしますよぉ。

1階もガレージだった場所に床が貼られ、ずいぶんと様変わりしました。
こちらがリフォーム前
e0131906_18564461.jpg


そしてこちらが工事中の写真。
e0131906_18594822.jpg

床が貼られると印象が変わりますよね。

この日UBも施工されました。
e0131906_18463555.jpg


それでは、また次回工事の様子をお伝えします。
[PR]

by reform_house2 | 2013-03-16 10:00 | スケルトンリフォーム

江戸川区のスケルトンリフォーム・・・その2   

こんにちは、コーディネーターの清水です。

3月に入りだんだん春めいてきましたね。
現場付近には桜並木があるので
今から開花が待ち遠しいです。

さて、工事の方はといいますと・・・

足場も架けられ、工事現場らしくなってきました。
e0131906_19111988.jpg


内部はといいますと・・・前回スケルトン状態になったK様邸。
2階の床は既存の床の上に新しい床を組む工法で進めるつもりでしたが
高さを調べてみると、建物中央と隅で高低差があることが判明しました。
その差はなんと7センチ。

なぜ7センチもの高低差が生じてしまったのか、正確な原因は分かりませんが、
そのままにしておくわけいはいきません。
既存の床をはがし、高さ調整するためのクサビを根太に挟み込みながら
床が水平になるように床の下地を組み直しました。

建物隅付近は根太と下地板の間に隙間はありません。
e0131906_19125188.jpg

建物中央に向かってだんだん床レベルが下がっているので、クサビをはさみ込み、高さをそろえています。
e0131906_19143662.jpg


これで床は水平になりました。

ところがまたもや問題が発生です。
高さ調整をしたことで、階段の一番上の踏み板と2階の床高さに
その7センチの段差が出てしまったのです。
e0131906_1915229.jpg

蹴上げ(階段1段の高さ)の高さが揃っていない状態は、
階段の上り下りにとって、とても危険です。

これを解消するためには1段ずつ少しずつ踏み板の厚さをプラスして
蹴上げ高さを揃えていくか、階段を丸ごと架け替えるか、選択が必要に。

K様に状況をご報告したところ
以前の階段は幅が狭くてご不便をされていたということもあって
今回は新しく階段を作り直すことになりました。

リフォーム工事では予測のつかない事態が起こるものです。
その度によりよい解決方法を探り、お客様が不安にならないよう、
慎重にご報告し、工事を進めさせていただいています。
[PR]

by reform_house2 | 2013-03-08 13:00 | スケルトンリフォーム

スケルトンリフォームに対する思い。   

工事を担当している塩谷です。

今回は、珍しく中古住宅リフォームのブログに登場です。

スケルトンリフォームでは、さまざまなことが発覚?します。

いままで気づかなかった事柄や気になっていたこともすべて露になります。

e0131906_21133954.jpg


いいこと悪いことすべてを受け止めなければ成りません。

壊してみたら、土台が腐っていた、もしくは土台そのものが無かったなどという事は日常茶飯事なのです。

私どもにしてみたら、当たり前の事のようなものでも、お住まいに成られていたお客さんにしてみたらショックです。

私たちも、決して「どうせ壊すんだから」などという気持ちでは工事は決してしません。

住まいは、それぞれ事情と言うものがあるのです。

建てられた時代の背景もありますし、当時の予算もあるのです。

一概に建てた大工さんや設計者を攻めることなど出来ないのです。また、逆も然りですが、その場合は大いにお客様にはお伝えするようにしています。

50年や60年前では、材料も不足していた時代です、何とか材料を浮かして手手間をかけて乗り切った建物も多いのです。

今では、到底出来ないような、すばらしい仕事に出会うこともあります。

なるほどなぁと思いながら建てた大工さんに敬意を払い、お客様に報告し解体するのです。

長く住んでおられたお客様ほど、解体の場面には立ち会いたくないようです。

すっかりと取り払われてきれいになった建物を見たときに、初めて現実にリフォームをするのだという実感が伴うようです。

そんな、スケルトンリフォームに携わることが出来て我々は本当に幸せです。

一番大変な解体作業ですが、解体が終わりほぼ建物の全貌が露になったときに、初めてその建物と対峙するような気がするのです。

傾いていたり、腐っていたりしても、それが現実です。

現実を深く受け止め、対策を練っていくときにスケルトンリフォームならではのやりがいを感じるのです。

さて、今度のスケルトンリフォームでは、どんな問題や障害が現れるのでしょうか?
[PR]

by reform_house2 | 2013-02-25 20:51 | スケルトンリフォーム