カテゴリ:OB様( 3 )   

10年前のお客様よりご相談   

こんにちは、コーディネーターの千葉です。

先日、10年前に、新築を建てさせて頂いたA様より
洗濯機をドラム式に変えたいので、水栓の位置を高くする事は可能ですか。
と相談を頂きました。

10年前には、まだドラム式の洗濯機が出る前で、
洗濯機の水栓の位置は低い位置についていました。

機械類はここ10年で劇的に変化していますので、
それによって、家の設備も少しずつ変わっているんです。

以前洗濯機の水栓は、高さが120cm前後が標準でしたが、
ここ数年のドラム式の洗濯機をいれるとなると
水栓が邪魔になってしまう事があります。

今では140cm前後で設置をしています。

今回も、10年前に建てさせて頂いたお宅でしたので、
水栓がドラム式を入れるには低い位置についていました。

水栓の高さを変えるには、一度水栓を外して、壁に穴を開け、給水栓を伸ばして
壁を復旧しなければなりません。
もちろんクロスの補修が必要です。

そこで、今回はクロスではなく、杉の板を壁一面に貼らせて頂く事になりました。

まずは、水栓周りの壁をくり抜いて水栓の高さを変更します。
↓こんな感じ。


e0131906_1057589.jpg


この作業が終わったら、壁を復旧し、
今度は仕上げ材の板を大工さんが張っているところです。

e0131906_10593840.jpg


一枚一枚貼っていきます。

e0131906_1141455.jpg


そして完成したのが、こちらです!

e0131906_1143274.jpg



e0131906_115153.jpg



クロスとはまた違う雰囲気ですよね~。
まるで、温泉旅館のようです。

A様も、お仕事から帰ってきて、この様子をご覧になって、
喜んで下さいました!

10年たつと設備も変わってきますし、環境も変わります。
10年たってもこうしてご相談を頂ける事は嬉しい事です。

A様ありがとうございます。
[PR]

by reform_house2 | 2013-11-30 10:55 | OB様

国産減農薬の畳に表替え   

こんにちは、コーディネーターの清水です。
今週に入って朝晩の暑さが和らいできましたね

さて、先日5年ほど前にリフォーム工事をさせていただいたお客様O様から、
和室の内装工事のご依頼をいただき、工事させていただきました。

主な内容は、畳の表替えと、襖・障子の張替えです。
畳は有機減農薬国産のいぐさを編んだものをお薦めし、採用していただきました。

畳表はたてに通っている糸に対して、横にいぐさを編んで出来ているのですが、
このたて糸の種類によって畳のグレードが変わってくるのだそうですよ。
高級なものになるとたて糸が1本ではなく4、5本組み合わせたものもあるそうです。

また、安い中国産の畳にも「有機」とか「減農薬」といったはんこが畳表に押されて
出回っているらしいので騙されないように注意が必要ですね。

さて、工事の話に戻ります。
今回は住まわれながらの工事となりましたので、荷物を移動しながら畳を交換していきます。
畳屋さんは実に効率よく荷物を移動しながら畳を敷き詰めていってくれました。
さすがです。
e0131906_1517690.jpg

このあと中央にあるキャビネットは下の写真のように元の位置に戻されました。
e0131906_15175120.jpg


こちらは表替え前の畳です。
いい具合に日焼けしています。
e0131906_1518323.jpg


新しい畳表はこちら。
e0131906_15181385.jpg

新しい畳表はとてもきれいで気持ちが清清しくなりますね。

最近ではおうちに和室のないお宅を増えてきましたが、
やっぱり日本人は畳があると落ち着きますね。

O様工事のご依頼ありがとうございました。
[PR]

by reform_house2 | 2013-08-29 18:00 | OB様

日差しを遮って快適に   

こんにちは、コーディネーターの清水です。

暦の上では立秋ですが、厳しい暑さが続いていますね。
こう暑いと室内でエアコンをかけていても、なかなか効きが悪く、
ついつい設定温度を下げがちになってしまいませんか。

カーテンなどで窓を覆って外からの熱を遮断するのもひとつの方法ですが
カーテン生地が熱をもって室内にじわじわと伝えてしまうので
窓の外側で遮熱してあげる方が効果があります。

日本では昔から「よしず」や「スダレ」といった日除けを窓の外に立てかけたり、
軒先に吊るしたりして夏の暑さを凌いできましたね。

「よしず」や「スダレ」は葦や竹といった天然の素材で出来ていますので
雨風にずっと晒されていると黒ずんだり、劣化が早かったりします。
(ビニール製のものもありますが・・・)
また、立てかけると室内が暗くなってしまうというデメリットもあります。

最近では現代版のよしず・スダレともいえる耐候性に優れた製品が発売されています。

先日、LIXILさんの製品「スタイルシェード」を弊社で取り付け工事をさせていただきました。
6年ほど前に弊社の姉妹会社塩谷住宅建築でご新築させていただいたお客様T様から
バルコニーの窓に「スタイルシェード」を取り付けて欲しいとお電話をいただいたのです。

こちらが取り付け後の写真です。
e0131906_1031172.jpg


以前はスダレをかけておられたT様。
「スタイルシェード」は窓全体を覆うことができるので今までよりも遮熱の効果が期待できます。
取り付けもサッシの枠に簡単に取り付けられますのでお薦めです。

まだまだ暑い日が続きますので、皆様、暑さ対策は今からでも遅くはありませんよ。
[PR]

by reform_house2 | 2013-08-12 12:00 | OB様