「ほっ」と。キャンペーン

木の耐震フレーム ~味わいのある雰囲気を壊さずにする耐震~    

こんにちは、コーディネーターの千葉です。

年明け直ぐに工事再開してから、1ヶ月
湯島の数奇屋建築の耐震リフォームが進んでいます。

1階で店舗の繁忙期に重ならないよう、後回しにしていた
玄関の耐震補強をご紹介します。

お玄関のこの部分が一番メインの避難経路となるので、
ここの耐震がとても重要です。

ただ、壁を作って固めてしまう事ができない為、
特種なフレームを使って補強しました。

通常鉄骨の門型のフレームを入れるところですが、
今回採用したのが、木のフレームです。

昨年末に、打っておいたフレーム足元の基礎に、
大工さんが取り付けているところです。

e0131906_13511595.jpg


こんな風にフレームを組みます。

e0131906_1352686.jpg


組み終わった様子がこちらです。

e0131906_1352393.jpg


この状態だと、折角の格式あるお店の佇まいが台無しです。
ので、綺麗に化粧を施していきます。

補強前と比べていただくと良くわかるかと思いますので
並べて写真をUPしますね。

耐震補強前の様子

e0131906_1354239.jpg


耐震補強後
e0131906_1353371.jpg



補強後でも空間に馴染んで違和感ありません。
むしろより雰囲気が出たようにも感じます。

これを設置したからなのか、
先日東京でも早朝震度3の地震があり、たまたま塩谷がこの現場におりました。

窓ガラスや障子にはめ込んだガラスがガタガタと音を立てたので、
地震だとは気付いたそうですが、建物が揺れなくてびっくり!

他にもバランスよく耐震補強を施した結果かもしれません。

補強工事では、きちんと数値でどのくらい耐震性能がUPしたのかどうか、
書類を提出させて頂き、見える化していますが、
実際に体験してみるとより効果を実感できるようです。

あと少しで完成です。

江知勝様にはとってもご不便をお掛けしています。
もうしばらくご辛抱下さい。

江知勝様の今までの耐震リフォームをご覧になりたい方はこちらです↓
数奇屋の耐震リフォーム工事中



・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。

ブログランキングに参加しています!よろしければ応援お願い致します。



ありがとうございます!

[PR]

by reform_house2 | 2015-02-14 14:02 | 数奇屋耐震リフォーム

<< 数奇屋の耐震リフォームが終わり... あけましておめでとうございます。 >>