猫ちゃんのためのリフォーム   

江戸川区のスケルトンリフォームは
「猫ちゃんのためのリフォーム」でもありました。

今日は猫ちゃんのための工夫をご紹介します。
まずはキャットドア。
e0131906_1682540.jpg

扉を閉めたままでも猫ちゃんが出入りできるドアです。
この猫ちゃんドアを設置可能な扉はデザインが限られていましたが
室内へ光を取り入れたいというご要望を叶えるため
少し割高になりますがメーカーの三協アルミさんに特注で対応していただきました。
猫ドア部分のアップ写真です。向こうが透けて見えます。
e0131906_1692653.jpg

早速猫ちゃんたちは使い方を覚え、猫ちゃんドアを出入りしてくれているようです。

高い天井高を活かして作ったロフトも猫ちゃんの格好の遊び場になる予定。
e0131906_16191540.jpg

ロフトまではキャットウォークを使って上っていけます。

こちらがそのキャットウォーク。
e0131906_16201725.jpg

一番下の棚の下にソファを置く前提で、ソファから棚へ移り跳び、
ロフトまで上がれるようになっています。
窓側の棚では一休みして窓の外を眺めることができます。

ひとつだけ、強化ガラスになっている棚があり、
猫ちゃんを下から眺められるようになっています。
e0131906_16272211.jpg

ちょっとした遊び心でつくってみました。

この窓台も猫ちゃんのためのものです。
e0131906_16223019.jpg

猫ちゃんは外を眺めるのが大好き!!ってことで
窓台の出幅を通常より少し広くとって猫ちゃんが座れるようにしました。

階段下は猫ちゃんのトイレコーナー。
e0131906_16224279.jpg

下地に消臭効果のあるバウビオを貼り、十分な効果を得られるように
仕上材も空気を通す和紙を貼っています。
臭いが気になりませんよ。

お引越し後K様ご家族からくつろぐ猫ちゃんの写真を送っていただきました。
今日のブログの写真で何枚か使わせていただいております。
e0131906_16243064.jpg

キャットウォークは通り道だけでなく一休みする場でもあるのですね。

猫ちゃんも快適に暮らしているようでホッとしています。
K様お写真ありがとうございました。
[PR]

by reform_house2 | 2013-05-05 17:00 | リフォームの現場から

<< オリジナルの洗面 江戸川区のスケルトンリフォーム... >>