中古住宅をにちょっと手を入れて自分らしくリフォーム   

こんにちは、コーディネーターの千葉です。

今日は、暑くもなく寒くもなく気持ちのよいさわやかな季節ですね。

今日はちょうど今頃リフォームをさせていただいたT様邸のご紹介です。

以前こちらのブログでもご紹介したことがあるT様邸のリフォーム工事ですが、
ご実家のとなりの中古住宅を購入されて、私どもでリフォームさせて頂きました。

2年程空き家だったので、少し劣化が目立ちましたが、
レトロなデザインをアクセントに、若いご夫婦が、楽しく暮らせる
個性的な空間に仕上がりました。


e0131906_149126.jpg

少し前は、柱が見える和室(真壁)がほとんどで、
こちらのT様邸でもこの柱を生かしたレトロなデザインにしました。

そのままですと、少し傷や色合いがレトロ過ぎてしまうので、
チョコレート色で塗装しました。
この色が肝心なんです。

この色を、以前と同じようは色合いにすると、
少し古びた感じになってしまうのですが、少しこげ茶色(黒に近い茶色)
にする事により、モダンになりました。

リフォーム前の様子です。

e0131906_1421776.jpg


そしてその他の部分は極力色の薄い素材です。

扉はシナの木のオーダー建具。
床は樺桜の無垢フローリングにしました。

以前と間取り等は変わりませんが、
少しだけ変えるだけで、若いご夫婦が暮らされるのにふさわしい、
レトロでモダンが空間が完成です。

既存の素材や、空間を生かして、
ご家族のライフスタイルにあった個性的な空間に
仕上がりました。

この空間にあわせて、和紙の照明を廊下に配置。
柔らかい光がお洒落です。

e0131906_14204354.jpg


全部ガラッと変えなくても、少しだけ変化させることで、
全く違う空間になります。
ちょっと手を加えて、住宅を再生するリフォームです。

どのお家にも、個性があります。
その個性を生かして、よりお洒落にリフォームしてみませんか。
[PR]

by reform_house2 | 2012-04-30 14:33

<< 江東区の耐震補強工事 ベランダの防水:築35年のお住まい >>