中古住宅 収納リフォーム   

先日お引渡しが完了した新宿区のK様邸の収納リフォーム
ご紹介します。

数年前に中古住宅として購入されて、
数年こちらでお暮らしになり、今回のリフォームでご不便に思われた場所などを
リフォームされました。

そのひとつに収納があります。

数年暮らされてみての実体験から、ここにこのような収納があったら
いいなとご要望を頂き、その中でコーディネーターより
ご提案をさせていただきました。

その収納をご紹介します。

まずは1階の本棚です。
お子様の絵本や学校から配られる書類をとじたファイル、
その他、電話機やその周辺の細々したものなどを収納する
棚がほしいとの事で、こちらのオープンの棚をお作りしました。


e0131906_20463421.jpg


先日うかがった際には、ファイルなどがしっかりと収納されて、
便利にお使いでした。
お作りして良かったです。

こちらは2階の床の間を有効活用して
奥様のお洋服やバックを収納して頂ける場所として
確保しました。

e0131906_20482652.jpg


ご寝室としてお使いなので、ロールスクリーンで隠せるようになっています。

e0131906_2049286.jpg


そして奥が深くて使いにくかったこちらの収納は・・・

e0131906_20492568.jpg


棚やハンガーパイプを設置して有効にお使い頂ける、
お子様たちの専用クローゼットに変更いたしました。

ハンガーパイプはお子様が届くよう通常より低い位置に設置しています。

e0131906_20502565.jpg



またこちらは階段ホールに造作させて頂いた本棚と、オープン棚です。
e0131906_20511888.jpg


ご主人様の大切な本を収納する階段室の本棚です。
奥の窪みには棚をお作りしました。


暮らされてみて、不便と思われたところに
お作りしたので、現実的で実用的ですね。

何年か暮らされてからのリフォームはそういった点でもメリットがあります。


適材適所に収納をお作りすると、直ぐに取り出せて直ぐに仕舞え
便利です。

ちょっと大きめの納戸より、ちょっとした収納の方が使い勝手が
良いことがあるので、収納を一度考えてみてはいかがでしょうか。
[PR]

by reform_house2 | 2012-04-05 21:00

<< ベランダの防水:築35年のお住まい 江東区の戸建て住宅リフォーム完成 >>