白蟻被害   

こんにちは、コーディネーターの薄井です。

現在リフォーム進行中の現場での出来事です。


こちらが解体前の様子です。

e0131906_1747059.jpg


20年以上、お住まいでしたので、壁紙の汚れなどはありましたが、
ごく普通の状態です。


さて、いざリフォームのために解体をしてみると、壁の中は
とんでもないことになっていました。

e0131906_17473789.jpg


比較的新しい建物ですので、断熱材もしっかり入っていました。

この、断熱材の防湿層が逆に悪く働いていました。

外から入った雨水が木を腐らせ、そして白蟻が発生していて、
でも、断熱材の防湿層がブロックして、その様子が全く表に
出ないまま、中で被害が進んでいたのです。


断熱材を取り去ると、このような感じでした。

e0131906_17493256.jpg


柱、間柱、筋交い、外壁の下地の板と、木部という木部が、
白蟻に食い尽くされています。

e0131906_1751068.jpg


e0131906_17522354.jpg


家を支えている1階の壁の中がこの状態では、家がいつ倒壊しても
おかしくありません。

耐震工事というより、その前の段階です。



週の半ばではありましたが、お客様にお仕事終わりに状況を見に来ていただき、
方針をご説明させて頂きました。

安心して暮らして頂ける家になるように、

どうか大きな地震が来ないことを祈りながら、構造部のやり直しが始まりました。
[PR]

by reform_house2 | 2010-07-01 19:48 | スケルトンリフォーム

<< 木造住宅/蒸し暑い日でも涼しい... 木造住宅の防音 >>