オリジナルキッチンリフォーム   

こんにちは、コーディネーターの千葉です。
昨日に引き続きキッチンのお話です。

昨年末、以前にリフォームをさせて頂いた会社様より、再度事務所のリフォームのご依頼を頂き、リフォームをさせて頂きました。
沢山の方が使われるとのことで、キッチンは業務用のステンレスキッチンをご提案し入れさせて頂きました。

e0131906_1844936.jpg


e0131906_1851137.jpg


業務用なので、引き出しや収納はありません。
ただ、マグカップや湯飲みなどを置いておくスペースは必要とのことで、
こちらも業務用のステンレスパイプ設置し、グラスが落ちないようパンチングメタルで覆ってもらう事にしました。
マグカップは60個ほどのせる予定との事でしたので、1棚で50キロまで耐えられる丈夫な棚です。

e0131906_1853489.jpg


水栓もシルバーで統一し、スタイリッシュルでとてもカッコよく仕上がりました。
男性の社員さんが多くいらっしゃるとのことで、キッチンのカウンターの高さを90cmにしました。
90cmですと女性には少し高いかなと感じる高さです。
でもこちらでお料理はされないとの事でしたので90センチにしました。
ステンレスなので、お手入れも簡単です。

私共のお客様でも、ご自分でステンレスキッチンをご支給頂いた方もいらっしゃいます。
ステンレスは前回でもお話したように、シックハウス症候群の原因であるホルムアルデヒドを発散させないので安心してお使いいただけます。

ステンレスの「ステン」とは日本語で「汚れる、さびる」という意味で、「レス」は「~しない」という意味なんだそうです。
つまり、ステンレスとは錆びないということになりますね。
でも、たまに錆びてしまったステンレスを見かけますが、それはステンレスが錆びているわけではないんです。

表面に鉄・亜鉛・アルミニウムなどの種類の違う金属をステンレスの上に放置するとその金属が錆びてステンレスを侵食してしまいます。
これを『もらい錆』といいます。ステンレスはこの『もらい錆』に注意しなければなりません。

ステンレスといっても、メンテナンスフリーというわけではないので、
定期的にメンテナンスが必要です。
どんな素材でも綺麗を長持ちさせるにはメンテナンスが大切です。

ステンレスのキッチンはリビングから見えていても生活観があまり出なく、カッコいいということで人気が高まってきています。
オリジナルのキッチンリフォーム、愛着もわきますしいかがですか。
[PR]

by reform_house2 | 2010-01-30 18:09

<< 店舗併用住宅耐震リフォーム② サンウェーブ ピットシリーズに... >>