リフォームで窓を交換して、明るい室内へ。   

こんにちは、コーディネーターの薄井です。
今日は少し涼しく、現場もホッとした雰囲気が漂っていました!!

さて、江東区ですすめております、新婚さんのためのリフォーム、順調に工事が進んでおります。


そんな現場から、今日は窓の話題です。

こちらのお家では、間取りは大幅に変更をしているのですが、窓のサッシはサイズを今のままで、性能を上げるためにシングルのガラスのものから、ペアガラスのサッシに交換、だけをさせて頂く予定にしていました。

(通常、窓サッシを交換するには、外からの工事も必要となるので、伴って外壁の塗り替えや足場を掛けたり、といったことが必要となるのですが、こちらのお宅では、元々のサッシが特殊なやり方で取り付いていたため、サイズがそのままでしたら、外からの工事をしないで交換することが出来ました。)


こちらが、今日のテーマの窓、リフォーム前の様子です。

e0131906_1962748.jpg


幅は1間サイズ、高さは1m30cmくらいの窓が付いていました。

初めは、このサイズのままで、サッシだけを新しくする予定でした。



工事が進んでいく中で、この様子ならもう少し窓を大きく出来そうだ、ということになり、早速お客様にお伝えをしました。

絵を描いてご相談します。


e0131906_19104810.jpg


予定していた金額より、予算は掛かってしまいますが、何にも代えがたい、明るいリビングが手に入ります。

お客様にご検討いただいた結果、サッシを大きく変更する工事をお任せ下さることになりました。


窓サッシが大きくなった写真が、こちら。今日の様子です。

e0131906_19125470.jpg




窓は、高さが出来るだけ高いほうが、部屋の奥まで光が届きます。

予定より約50cm高くなった窓、そして窓の上に付いていた霧避けも撤去した事で、現場にいても格段に明るくなったのを実感します。



リフォーム工事では、初めにプランがあっても、実際に工事が始まってから、「壊してみたら、ここがこういう風に出来そうだから、そうしたらこうなって、もっと良くなるね!」というようなことが出てきます。

当初考えていた予算でそれが出来れば一番いいのですが、伴って必要な工事が出てきたりすると、そうもいかず、追加で代金を頂戴するようになる場合もあります。


今回のケースでいいますと、窓を大きくする、というのは、とても後から出来る工事ではありません、また、リビングに光を多く取り込める事は、これからの生活に大きくメリットがあると考えましたので、(そうなるといいなー、と仰っていましたから!)、お客様にご説明をさせて頂きました。

お客様は、今回のリフォームに掛けるご予算をお決めでいらっしゃいましたので、これから行う工事の内容の中から、後からできるところ、また、ご自分でやって頂けるところを話し合い、削除して、窓サッシを大きくする工事を行わせて頂く事になりました。



現場にいらっしゃる度、明るい室内に、お客様も嬉しさを噛み締めて下さっている様子です♪

完成は予定より少し早い、8月初めになりそうです。


今週で大工さんがクランクアップすると、あとは仕上げに向かってまっしぐら!クロスやタイル工事が入ります。1日ごとに、進んだ感のある、ワクワクな時期に突入です!





ホームページで、耐震リフォームの事例もたくさんご紹介しています!

耐震 リフォーム
[PR]

by reform_house2 | 2009-07-17 19:36 | 新婚さんのためのリフォーム

<< 無垢の建具と階段 大規模リフォームの現場から。 >>